FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛と不運に苦悩する男を演じた阿部寛が語る映画『死刑台のエレベーター』

愛と不運に苦悩する男を演じた阿部寛が語る映画『死刑台のエレベーター』

ヌーヴェルバーグを代表する1本として映画史にその名を刻む傑作をリメイクした『死刑台のエレベーター』が9日(土)から公開されるのを前に、愛する女性のために危険を冒す主人公時藤隆彦を演じた阿部寛がインタビューに応じた。
(PC)
『トリック』シリーズや『チームバチスタの栄光』シリーズなど、最近はバディもののイメージが強い阿部だが、今回はエレベーターの中で1人芝居がメインとなる役どころ。「人と絡む役ではなかったけれど、妄想することは楽しかった」と、今までで一番狭い場所=エレベーター内での撮影を楽しめたと笑みを浮かべる。「たとえば『ランボー』のような、主人公が追いつめられる映画って好きなんですよね。今回は狭い空間のなか、隙間との戦いだったけれど、僕が演じた時藤はただ単にエレベーターに閉じ込められているのではなく、人を殺して閉じ込められ、何重もの苦しみを抱えている男。撮影に入る前にオリジナルをもう一度見返したんだけれど、エレベーターのドアが開いた瞬間のモーリスロネの顔がとても印象深くてね……」と、自身もそのシーンに力を込めたと語る。
また、本作の撮影が始まる直前に出演していた舞台『コーストオブユートピア ユートピアの岸へ』が、幸運にも“閉じ込められる男”“愛する女性に翻弄される男”の苦悩を引き出す鍵となった。「運が良かったのは、蜷川(幸雄)さん演出の9時間近くある舞台を2か月間やった直後にこの映画の撮影がスタートだったこと。緒方(明)監督からは、そのままの状態(疲労具合)で来てくださいと言われて(笑)。体や顔は舞台を終えた後で明らかに疲労しているんだけれど、演技としてはもの凄く集中できましたね」と役作りの裏側を明かした。
名作映画のリメイクについては「緒方流に上手く料理したと思う。シンプルな作品だけれど力強い」と、オリジナルに敬意を払いつつもリメイクの良さも力説。「こんなにも力のない男を演じるのはまたとないチャンスだったし、すでにオリジナルで表現されている自分の発想ではない良い物(演技)をどうやって盗んで、どうやって自分のものにできるか…その肉付けしていく作業が楽しくてしかたなかった」と、やり甲斐のある魅力的な作品であると語った。
『死刑台のエレベーター』
10月9日(土)より、角川シネマ新宿ほか全国ロードショー
取材文写真:新谷里映
[写真:映画『死刑台のエレベーター』に出演した阿部寛]
(PC)
(PC)
(PC)
(PC)
(モバイル)
(モバイル)
(モバイル)

ttp://news.ameba.jp/pia/2010/10/83893.html

たけきものもついにはほろびぬ、ひとえに、かぜのまえのちりにおなじ。
源氏物語でしたっけ?

PICKUP
自分でやるよりエステで脱毛

過払い支払い状況

○今日の運勢○を占います

トヨタ アイシス 買取・査定

卵巣癌

紗綾 アイドル情報

自治体も応援!結婚活動

最新J-POP着うた取り放題

スクリュードライバー

日産『ノート』の中古車査定や買取

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。