FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼氏が勘違いしている「優しさ」8パターン

彼氏が勘違いしている「優しさ」8パターン

女性が恋人に求める条件として常に上位にランクインする「優しさ」。しかし何事も度を越すと、かえって悪い部分ばかりが目立つもの。付き合い当初は長所だと認められていた男性の優しさも、愛情表現として多用しすぎると、かえって彼女に「重すぎる」と思われかねません。ではどんなときに女性は男性の優しさを重いと感じるのでしょうか。オトメスゴレン読者にうかがったご意見を基に、男性が勘違いしがちな優しさの表現をピックアップしてみました。
いつもべったりとひっついているとき
男性が、いつも彼女にべったりとひっついていることを優しさだと勘違いしているパターンです。会っている間ずっとべたべたされては、いくら好きでもやがてうざいと感じてしまう女性が多いようです。メリハリのついた距離感を心がけた方が良さそうです。
彼女の荷物を持ちたがるとき
男性が、彼女のバッグや買い物袋、上着などなんでもかんでも持ってあげるのが優しさだと勘違いしているパターンです。女性でも楽々と持てるような軽いものまで男性が持っているのは、第三者から見ると気持ちが悪いものです。他者の目線に敏感な彼女の場合、「私の彼氏はなんだかみっともない」と羞恥心が芽生えてしまいかねません。彼女が遠慮したらあっさりと引きましょう。
機嫌をうかがいながら話しかけてくるとき
男性が、彼女の機嫌をうかがいながら話しかけるのを優しさだと勘違いしているパターンです。感情の浮き沈みを把握してあげるのは恋人として当然の配慮ではありますが、気の置けない恋人だからこそ、機嫌をうかがうことなく遠慮なく踏み込んできてほしいと思うのも本音でしょう。彼女がこういう不満を抱き始めると、やがて強引な他の男性に惹かれる場合もありますのでご注意ください。
すぐ会えるようにと近所に引っ越したり、同棲しようと提案してくるとき
男性が、彼女が自分に会いたいと思ったときにすぐ会えるようにと近所に引っ越したり、同棲するのが優しさだと勘違いしているパターンです。特に付き合って間もない時期は、彼女の気分が同じように盛り上がっていない限り、かなりの確率で重すぎる配慮だととらえられかねません。一般的に恋愛体質の女性は男性にとってほほえましくても、恋愛体質の男性は女性にとって頼りないものだということを覚えておいた方が良いかもしれません。
飲みに行くと毎回迎えに来てくれる
彼女が自分以外と飲みに出かけた際、必ず恋人として迎えに行くのが優しさだと勘違いしているパターンです。もちろん何か危険な目に遭ってからでは遅いのですが、危険な地域でもないのに必ず迎えに行くとなると、それは男性の優しさというよりは重い束縛だと彼女にとらえられても仕方がないでしょう。同じように「心配しすぎる」「まめすぎる」といった優しさも重く感じるというご意見もありました。彼女からの要望があれば話は別ですが、迷惑そうであれば控えましょう。
待ち合わせの時間や好みなど、何でも合わせようとしてくるとき
男性が、デートの時間や食事の好みなど何でも彼女に合わせるのが優しさだと勘違いしているパターンです。特に彼女の側が、「彼氏がいても自分の仕事や、同性同士のお付き合いは変わらず大事にしたい」と考えていたりすると、その優しさが「重い」と感じさせてしまう可能性があります。さらに、何でも合わせすぎることで、自分の意見がないと思われるおそれがあります。時には彼女に自分の都合に合わせてもらうことも肝要なのかもしれません。
頻繁に電話やメールをくれたり、メールや電話が長いとき
男性が、彼女に対しこまめに電話やメールをするのが優しさだと勘違いしているパターンです。あなたの電話やメールに対して、彼女からのコールバックや返信が遅くなりがちだった場合、「重い」と思われている可能性があります。また、あなたの長いメールに対して返信メールの文章量が少ない場合も彼女に負担をかけている恐れがあります。返信を催促するのはもってのほか。少し我慢することも時には必要なのかもしれません。
子ども扱いされたり、上から目線で何か言われたとき
男性が、彼女をか弱き存在としてとらえ、常に保護し、時には適切なアドバイスを与えて人間的な成長をうながすのが優しさだと勘違いしているパターンです。優しさのつもりが余計なお世話と思われる恐れがあります。たとえ、付き合い始めはあなたに頼りっぱなしの彼女だったとしても、やがて自主性や独立心が芽生えることもあります。あなたのアドバイスが、彼女の自主性を損なってしまうことのないよう、気をつけたいものです。
以上、男性が勘違いしている「優しさ」8パターン、いかがでしたか? 付き合い始めから同じように優しく接しているつもりでも、受け取り手の彼女の心境が刻一刻と変化しているため、あなたの優しさの評価もまたそれに伴い変化しているようです。ゆえに「優しいところが好き。」と言われて「ではこの優しい態度でずっと接すればいいのか。」と安心しない方が賢明。みなさんも他に男性が勘違いしがちな優しさをご存じでしたら、ぜひスゴレンまでお寄せください。(熊山准)
関連コラム



ttp://news.ameba.jp/sugoren/2010/10/84114.html

人の感情は儚いものです。いくら思っても祈っても、それが届くかどうか
はわかりません、、。どうしようもない思いの方がほとんどでは
ないでしょうか。あとは自分がどれだけのヴィジョンを持って、
どこまで努力できるかではないでしょうか。



PICKUP
会社設立しよう!~鳥取県~

傷害保険

保護された家出少女

プロによる行方調査

パチンコ必勝法詐欺/詐欺被害を防ぐ

税理士事務所の選び方[横浜市]

盗撮カメラの調査

スーパーナノレーシック

中国料理レシピ@紅焼排翅

にんいせいり ぽけっとばんく

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。