FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ボーン」シリーズ第4弾にはジェイソン・ボーンもマット・デイモンも登場せず

「ボーン」シリーズ第4弾にはジェイソン・ボーンもマット・デイモンも登場せず
ロバートラドラム原作「ジェイソンボーン」シリーズの最新第4弾「ボーンレガシー(原題)」には、ジェイソンボーンというキャラクターも、シリーズ前3作でボーンを演じたマットデイモンも登場しないことが明らかになった。

シリーズを通しての脚本家で、同作の監督に決定したトニーギルロイが、米HollywoodElsewhereの取材で明かしたもの。それによると、まず本作のタイトルは、ラドラムの死後にエリックバンラストベーダーがシリーズを引き継いで執筆した同名の小説から借用しているが、内容は小説とはまったく別の、オリジナル脚本に根ざしたものになるという。
さらにギルロイは、「『ボーンレガシー』はリブート(再起動)でもリキャスト(配役変更)でもプリクエル(前章)でもない」と明言。「マットデイモンの代役を立てるつもりはない。ボーン以外の新しいヒーローを主人公にした、独自のプロジェクトになる」と話した。
とはいえ、シリーズ前3作のストーリーを継承しつつ、それをさらにふくらませた展開になるようで、ジェイソンボーンは登場しないだけで、存在はしているという。そして、いずれはまたボーンを復活させたい意向もあるようだ。
同シリーズに関しては、第2弾「ボーンスプレマシー」と第3弾「ボーンアルティメイタム」でメガホンをとったポールグリーングラス監督の降板後、デイモンが同監督でなければボーンはやらないことを表明していた。


写真:Album/アフロ
ttp://news.ameba.jp/eigacom/2010/10/84243.html

当たり前の事ができなかった時ってへこみますね、、。
遅刻したり、いつもやってる仕事なのにミスったり、、。
ただ、当たり前の事をミスなくやっていくって本当はとても難しい事
なんだろうなって思います。なかなかできませんよー。



PICKUP
税理士事務所の選び方[横浜市]

浮気調査事例集

収入あるなら個人民事再生

三花愛良 アイドル情報

改正貸金業法 貸金業務取扱主任者配置

税理士を検索 神戸市兵庫区

安心で低価格の顧問税理士

多重債務とクレサラ問題

山下若菜 アイドル情報

検索[借金返済]

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。