FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「出演できて本当によかった」 仲里依紗が語る映画『時をかける少女』

「出演できて本当によかった」 仲里依紗が語る映画『時をかける少女』

春に公開され、好評を呼んだ映画『時をかける少女』のブルーレイとDVDが10月13日(水)にリリースされるのを前に主演の仲里依紗がインタビューに応じた。
(PC)
大林宣彦監督や細田守監督など数多くの映画作家たちが繰り返し映像化してきた本作だが、谷口正晃監督が手がけた“2010年版”は原作の主人公である芳山和子の娘あかりをヒロインにしたオリジナル作品。あかりが事故で昏睡状態に陥った和子に代わって、1970年代にタイムリープし、和子の初恋相手深町一夫を探しながら成長していく姿を描いている。
細田監督が手がけたアニメーション映画『時をかける少女』で主人公真琴の声を務めた仲は、再び“時かけ”のヒロインを務めることについて「いつも過去の『時をかける少女』と比べられる不安はありますし、作品の持つブランドを背負うのは本当に大変だなぁって思います」と語るも、本作が繰り返し映像化される理由について「“タイムリープ”という設定はいつも新鮮だし、恋愛の要素もあってどこかSFっぽくないアンバランスな感じが楽しいんです。それから作品ごとにヒロイン像が違うし、その時のヒロインを演じている方の“青春の輝き”を捉えているのがいいんです」と分析する。
そんな仲が本作で演じた芳山あかりは、自分のためではなく“母”のためにタイムリープする。「あかりはお母さんのことをすごく想っているからこそ、タイムリープという一見、ばかばかしく思えることもやってみたんだと思うんです。この映画は“人への想い”が大切な作品だし“言葉でいえない想い”が描かれているから、その“もどかしさ”がいいんだと思います」。
細田監督版は女優仲里依紗の“出世作”に、谷口監督が手がけた本作は現在の彼女の“代表作”になったが、仲は本シリーズを「演技をするのが好きになったきっかけになった作品」だと振り返る。「それまではずっと演じることが恥ずかしくてしょうがなかったんですけど、『時をかける少女』に出会って演じるって楽しいと思えたし、いつも女優としてステップアップになるような作品ですね。物語も好きなんです。私、あまり恋愛ものとか好きじゃないですし、男の子が女の子を守ってあげる恋愛が好きじゃないんです。でも、この映画は女の子が自分で決めて前に進んでいく。こういう役は本当に好きですし、出演できて本当によかったなぁと思います」。
『時をかける少女』ブルーレイ/DVD
10月13日(水)リリース
Blu-ray通常版5040円(税込)
DVD完全生産限定版6090円(税込)
DVD通常版3990円(税込)
発売:アニプレックス
販売:ソニーミュージックディストリビューション
[写真:『時をかける少女』に主演した仲里依紗]
(PC)
(PC)
(PC)
(PC)
(PC)
(PC)
(PC)
(PC)
(PC)
(モバイル)
(モバイル)
(モバイル)
(モバイル)
(モバイル)
(モバイル)
ttp://news.ameba.jp/pia/2010/10/84270.html

「後先を踏まえる」という慣用句がありますね。
周囲の事情や状況を良く考える。あらかじめ十分に見込みをつけておく。
やっぱり人生には計画性が重要です。。
私はそれで大いに失敗していますけど、、、、w

PICKUP
福井で会社設立~登記・法人化~

小額訴訟制度を悪用/架空請求

トヨタ パッソ 買取・査定

自転車総合保険

スパイウェア/詐欺被害を防ぐ

元彼氏がストーカー?

ふくらはぎのかんたんダイエット

ムース

トヨタ パッソ 無料査定

スズキ パレット 無料査定

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。