FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人暮らしの上手な衣替え

一人暮らしの上手な衣替え

 猛烈な暑さの続いた今年ですが、ようやく涼やかな風が吹いてきました。季節は夏から秋へ、そして洋服も夏服から秋服へ変わるころ、衣替えにもそろそろ取りかかりたいところです。一人暮らしでも無理なくできる上手な衣替え術をお届けします。
 冒頭で衣替え術と言いながら、いきなり矛盾をした発言ですが、実際の一人暮らしでは「衣替えなんてしていない」という人も多いのではないでしょうか。
 最近のファッションは季節を問わず着るものも多く、きっちりと入れ替えしにくいのも現状。また、手持ちの洋服の数が少ない人は、衣替えをするまでもなく、収納に収まっていることもあります。衣替えをせずに済めば、どちらともつかない中間の季節にも、その日の気候に合わせて、洋服を選べるというメリットもあります。
 ただし、衣替えをしないのであれば、その分、ひとつひとつの服の管理や手入れには注意が必要。衣替えには、ある一定期間着たことによる傷みや汚れの手入れをし、整理整頓をする意味もあります。衣替えをしなくとも、次の項目を守ることで、大事な洋服を長く着ることにつがなります。
 衣替えをするメリットは、ワンシーズン着た洋服のチェックや手入れ、洋服の整理整頓をする良い機会になることです。衣替えをしないのは、日々のお手入れや管理がきちんとできる人ならOK。でも、自信がない人は、春と秋の天気のよい日、機会を設けるのがおすすめです。
洗濯と手入れ
 まずはしまう洋服をチェック。汚れやシミ、ほつれなどはありませんか。
 汚れやシミは変色や虫食いの原因になります。一度着ただけで見た目には汚れていないというものも必ず洗濯を。湿気も洋服を傷める原因になるので、しっかりと乾かしてからしまいましょう。
 クリーニング店に出すと、戻ってきた洋服にビニールのカバーをかぶっていることがあります。このまま収納にしまうと、カビなどの原因になることもありますので、外してからしまいましょう。
整理整頓
 入れ替えをすると同時に、このタイミングで洋服の取捨選択をしましょう。着ない洋服で収納をいっぱいにしておくことこそ、まさにタンスの肥やし。ワンシーズン着なかった服を、翌年になって急に着るようになるということはめったにありません。思い切って処分をして、収納の整理整頓を図りましょう。
 大変だと思われがちな衣替え。でも、それぞれの季節ものを入れたボックスを入れ替えるだけなら、簡単です。
 部屋の収納スペース(押し入れやクローゼット、ベッド下など)に合ったサイズの箱を3つ用意します。キャスターをつけて、簡単に引き出せるようにしておくと、さらに簡単。
 それぞれに「夏物」「冬物」「共用」とグループ分けをした洋服をしまって、一番手の届きやすい場所に、衣替えのタイミングでその時期に必要なボックスを持ってくるだけ。「共用」は定位置を決めておいてもいいですね。ちなみに、グループ分けは、人によって異なることもあります。例えば「春夏物」「秋冬物」「夏小物(スカーフや帽子など)」「冬小物(手袋やマフラーなど)」に分けても便利です。
 ボックスの収納場所と洋服のグループ分けを最初にやるのが面倒かもしれませんが、一度決めてしまえば、あとがラクになります。また、決めたボックスのサイズに入りきらない洋服は持たないように心がけると、身の回りがすっきりとしてきますよ。
 一人暮らしの部屋だと、収納スペースとして本当に小さなクローゼットがひとつあるだけというケースも少なくありません。いくら整理整頓をしたって、「これじゃあ、オシャレも楽しめない!」というのでは、ファッション好きには残念です。
 部屋が狭い一人暮らしの場合、どうしても収納に入りきらない洋服は、別の場所で保管を考えるというのもひとつの手。例えば、実家で預かってもらう、クリーニング店の長期保管サービスを利用する、トランクルームを借りるなど。お金と手間がかかりますが、それを惜しまず、一人暮らしでファッションやインテリアも楽しみたいという人にはおすすめです。



ttp://news.ameba.jp/allabout-pc/2010/10/84490.html

私は子供の為に生きてますよ。
子供が大きくなってまた大人になっていくんですから。
子供をしっかり育てることが親になった責任ですよ。

PICKUP
乾坤一擲(けんこんいってき)

モデルも愛用のカラコンでより美しく

税理士事務所の選び方[川崎市]

第三者債務って知ってますか?

米焼酎 耶馬美人

食べるだけ夜トマトダイエット

税理士を検索 大阪市阿倍野区

便利な保険用語集

にんいせいり!借金 わいど

ホンダ『フィット』の中古車査定や買取

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。