FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オスカー監督たちの新作を一挙公開! 「監督主義プロジェクト」が始動

オスカー監督たちの新作を一挙公開! 「監督主義プロジェクト」が始動

ジョエル&イーサンコーエン、アンリーらアカデミー賞受賞監督たちの最新作を連続公開する映画ファン注目の企画「監督主義プロジェクト」が来年1月から始動する。
(PC)
本プロジェクトでは、米映画界を代表する映画作家たちの最新作3作を厳選して公開する。第1弾として来年1月15日(土)から『ブロークバックマウンテン』『ラスト、コーション』のアンリー監督の最新作『ウッドストックがやってくる!』が公開される。本作は1969年に行われた伝説のフェス“ウッドストック”を誘致したエリオットタイバーの原作を映画化した作品だ。続いて、2月26日(土)からは、本年度のアカデミー賞で作品賞にノミネートされたジョエル&イーサンコーエン監督の新作『シリアスマン』が、3月19日(土)からは『アメリカンビューティ』『レボリューショナリーロード』のサムメンデス監督の『お家(うち)をさがそう』が公開される。
いずれの作品も、スター主導映画、人気小説コミックの映画化作がボックスオフィスの中心に居座る中、映画監督たちが自身の創作意欲と真摯に向き合い“観客に本当に伝えたい物語”を撮りあげた作品ばかりだ。また、実力派監督の新作であってもDVD発売のみになってしまうケースの多い日本で「いい映画はスクリーンで観てほしい」という主旨を掲げる本プロジェクトは映画ファンにとって見逃せない企画になりそうだ。
■「監督主義プロジェクト」
『ウッドストックがやってくる!』
2011年1月15日(土)から公開
『シリアスマン』
2011年2月26日(土)から公開
『お家(うち)をさがそう』
2011年3月19日(土)から公開
3作品ともヒューマントラスト渋谷にて公開
(C)2009FocusFeaturesLLC.AllRightsReserved.
[写真:『シリアスマン』]
(PC)
(PC)
(PC)
ttp://news.ameba.jp/pia/2010/10/85483.html

「頭が切れる」といいますが、
利口である、頭の回転が早く、てきぱきと物事を処理する能力がある。
英語でいうとクレバーですかね。

PICKUP
屋久島

クレジットカード現金化で換金

竜頭蛇尾(りゅうとうだび)

風俗で働いても借金返済できません。

サークー・ガティ

レーシックについての比較

カード現金化で得る現金

安心したい 浮気・不倫調査

税理士事務所をネットで検索

東京メトロ丸ノ内線国会議事堂前駅

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。