FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『インシテミル』が日本で公開初日。続いて世界28か国でも公開決定

映画『インシテミル』が日本で公開初日。続いて世界28か国でも公開決定

中田秀夫が監督を務めたサスペンス映画『インシテミル7日間のデスゲーム』の初日舞台あいさつが16日に都内で行われ、藤原竜也、綾瀬はるか、石原さとみ、阿部力、平山あや、石井正則、大野拓朗、武田真治、片平なぎさ、北大路欣也、声の出演の日村勇紀(バナナマン)と、中田監督が登壇した。
(PC)
映画は、米澤穂信の同名小説が原作で、時給11万2000円という求人広告を見て集まった男女10人が密室の館に閉じ込められ、殺人ゲームに巻き込まれるストーリー。藤原らキャスト全10人が所属するホリプロの創業50周年記念として製作された。
藤原は「数ミリ単位の微妙な差や間のとり方を(監督に)チェックしていただいて、ワンカットずつ丁寧に撮影していただきました」とコメントし、撮影中に誕生日を迎えた綾瀬は「ケーキと寄せ書きをいただきました。寄せ書きをいただいたのは初めてだったのでうれしかった」と笑顔を見せた。また、北大路は「現実と虚構の境目がわからなくなるぐらい“現代”を描いたドラマだと思う。ある意味ではとても恐ろしいし、哀しいし、腹が立つ。でも、我々の生活の中でどなたかに当てはまる心境があると思う」と語り、中田監督が「最初に北大路さんにお会いした時に『新人俳優の気持ちでやらせていただきます』とおっしゃっていただいて緊張しました」と明かすと、照れ笑いを見せた。
また、声だけ出演した日村が「インディアンの人形の声なんで、インディアンの気持ちをプロとして考えなきゃいけないと思ったんですが…インディアンの知り合いもいませんしね。収録中は出演者のみなさんの『がんばって!』という声が…ま、特になかったんですけどね」と振り返ると、客席だけでなく壇上からも笑いが起こった。
最後に、本作がワーナーブラザース映画初の日本映画の海外配給作品としてフランス、オランダ、ドイツ、シンガポール、タイなど世界28か国地域で配給されることが発表された。
『インシテミル7日間のデスゲーム』
公開中
[写真:『インシテミル7日間のデスゲーム』公開初日舞台あいさつの模様]
(PC)
(PC)
(PC)
(モバイル)
(モバイル)
ttp://news.ameba.jp/pia/2010/10/85482.html

やはり、ばついち子持ちの女性と結婚しようっていう男性は
なかなかいないでしょうね。子供も血はつながっていないのですから。
子供は実の親に愛情を受けて育つべきですよ。絶対に!うん。

PICKUP
多田 あさみ アイドル情報

上海料理代表格、上海蟹の中華料理

NPO関係者を装った詐欺/詐欺被害を防ぐ

デコメ素材が欲しい~

「耳をすませば」おすすめの映画情報

20~60歳はレーシックが受けられます

保険ガイドブック

コンタクトが不要に!レーシック手術

スラムダンク 漫画登場人物紹介

デメリットは?任意整理

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。