FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「就活ストレス」は自分を発見するチャンス

「就活ストレス」は自分を発見するチャンス

 企業と学校との間で交わされてきた「就職協定」が1996年に撤廃され、今や大学生の就活は「3年生秋のスタート」が通例となっています。大学3年生の秋と言えば教養課程が終わり、ようやく研究課程に本格的に取り組む時期です。
 学士の資格で就職をするなら、大学での研究を踏まえた社会貢献を熟慮した末に、就職活動へと臨むのが本来の筋道でしょう。しかし、そんな理屈はどうあれ、多くの学生はこの時期から就活に突入し、その多くが「一生涯の仕事」を決めていかねばならないのです。
 仕事を決めることは、青年後期に課せられた発達課題ともリンクします。心理学者のエリクソンは、青年期(13~22歳ごろ)の発達課題を「同一性」にあると説きました。つまり、学生時代にあたるこの時期は、「他の誰とも違う自分自身の生き方」(自我同一性、アイデンティティ)を決めていく時期だということです。アイデンティティとは、自分はなぜ生きるのか、自分が生きる意味と役割はどんなことなのかを問い、自分なりの答えを出していくことなのです。
 学生時代には、進路選択や学習、友だちとの交際や恋愛を通じて、「これが本当の私らしい生き方?」「どんな人生を歩んでいきたいんだろう?」と、アイデンティティを模索してきたはず。そして青年期のクライマックスには、「就職活動」によってさらに大きなアイデンティティの質問を突き付けられるのです。
 「どんな仕事をして生きていきたいの?」「仕事も含め、これから先どんな人生を歩んでいきたいの?」---就職活動が突きつけるこうした究極の質問によって、自分のアイデンティティに向き合わざるを得なくなります。
 就職活動とともにアイデンティティに向き合い、短い期間に何らかの答えを出していくのは、非常にストレスの多い作業です。就職試験に落ち続ければ、アイデンティティそのものを見失ってしまいます。それが原因となって就職活動もあきらめて、引きこもってしまう人、果ては自殺を考えてしまう人もいます。
 それだけでなく、「これだ」と思って進んだ道でも歩んだそばから「私の生きる道じゃない」と気づき、またアイデンティティの模索が始まってしまうことも。道に迷い過ぎて転職を繰り返し、ついには人生に失望していく人もいるのです。
 このように、100パーセント納得のいく職業選択、人生選択というのはなかなかできないもの。しかし、就職活動にあたって、せめて「自分の本心」を見つめることはできるはずです。そこで、ある興味深い説をご紹介しましょう。ピラミッド図をご覧ください。
 これはマズローという心理学者が唱えた欲求段階説です。この説によると、人間の欲求は、食べていくことや安全に暮らすといった低次の欲求が満たされると、愛されたい、集団に所属したい、評価されたいといった欲求が湧き、さらにそれらも満たされると「自己実現したい」という高次の欲求が生まれるとされています。
 職業選択にあたり、今のあなたの欲求はどの段階から出ているのでしょう? 「職種なんかどうでもいい。一生食べていける会社に入るんだ!」という気持ちが強い人は、幼い時からお金に困った両親の背中を見てきて、生活の苦労だけはしたくないという生理的欲求が人一倍強くなっているのかもしれません。「とにかく名の通った会社がいい」というブランド志向の人は、素のままの自分を評価された経験が乏しく、社名に乗じて自分の価値を高く見せたいという承認欲求が強いのかもしれません。
 今の時代の学生は、安定志向がダントツに強いと聞きます。安全の欲求に即して職業を求めるのは、「失われた20年」に青春時代を送ってきた世代なら無理もありません。
 ちなみに、私が就職活動をした90年代前半は、「承認欲求」と「自己実現欲求」で仕事を選ぶ人が多かった時代でした。会社選びも職種も「ブランド主義」。無頼派には、ベンチャー企業もなかなかの人気でした。
 就職活動の頃にはすでにバブル経済が崩壊していましたが、90年代前半に大学を卒業した人たちは、幼少のころから安定成長期の豊かな経済に浴してきた世代です。衣食住に困ること、まさか貧困などはこの日本で生きる限り経験するはずがない、という過信があったのかもしれません。
 ところが、「自己実現欲求」にこだわって人生選択をすることは、夢を手にするチャンスが増えると同時に、「落とし穴」にはまる危険を冒すことでもあります。
 安定性の高い一流企業に勤めてきた人のなかには、突然脱サラをして、自分のやりたい道に進む人がポツリポツリと現れます。しかし、経済的基盤をなくして夢を追う、ということは即、経済ストレスの火の中に飛び込むことでもあるのです。
 マズローの説によれば、「自己実現欲求」はお金も暮らしも家庭も守られる場所も獲得し、それなりの評価も受けてきた末の究極の欲求として登場します。その自己実現欲求にこだわり、築いてきたものを捨ててしまうとどうなるのでしょう? 「明日食べるお米」「来月の家賃」といったすさまじい低次欲求のカルマにさらされ、執着してきた「自己実現」の夢なんて一瞬にして霧散する……こんな現実が待っているかもしれません。
 就職活動期は、短い期間のなかで自分の生き方を決めていかなければならないもの。それだけに迷いもあるでしょう。しかし、自分が「こう生きたい」と思う道が、実はどの欲求段階から発せられたものなのか、冷静に捉えてみることも自分らしい職業選択、人生選択のヒントになるのではないかと思います。



ttp://news.ameba.jp/allabout-pc/2010/10/85708.html

「在ってもあらぬ」という言葉があります。
そこにいてもいるような気持ちになれないという意味で、じっとしてはいられ
ない気持ちを表す場合に用いる。いたたまれない、とか。
まぁ普段は使わない言葉ですねw

PICKUP
上海蟹の蟹肉入りフカヒレのスープをネットで購入

スバル レガシー 買取・査定

長野で引越しの準備

税理士事務所探しの決定版

東京メトロ半蔵門線渋谷駅

馬耳東風(ばじとうふう)

会社設立しよう!~栃木県~

キラキラ☆デコメライン

レッド・エール

税理士選びのポイント【宮崎】

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。