FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情熱大国イタリアで失恋に効く薬が登場

情熱大国イタリアで失恋に効く薬が登場
 ナンパをしない男は人に非ず。そんな恋愛大国イタリアでこのたび、何と“失恋に効く薬”なるものが発売されることになった。
 イタリア人は「マンジャーレカンターレアモーレ(食べて、歌って、恋しての意味)」と、ステレオタイプのお決まりの言いまわしで語られる。なかでも彼らにとって“恋する”は、“食べる”と同じようにごく日常的な行為。恋のない人生なんて意味がない!といわんばかりである。とにかく老若男女、イタリア人の情熱には感心してしまう。
 もちろん、恋に失敗もある。それを薬で癒そうとは…。これは絶対に未開の地に生息する動物のエキスからとられた秘薬に違いない!と思いきや、人間の喜怒哀楽などの感情をコントロールする脳内の神経伝達物質であるセロトニンを補うことで、否定的な恋の結末によって生じた(恋愛)依存症やうつ状態に歯止めをかけるというものだ。
 隣国オーストリアのチームが開発したもので、すでにオーストリア国内では一箱18ユーロ(約2000円)で販売が開始されている。
 開発チームの研究者いわく、「恋は人間にうまく作用すれば最高の結果を生むが、悪く作用すると一種の病的状態に陥らせる。放置しておくと自分自身のみならず、ストーカー行為や暴力行為となって他人にも被害を及ぼす危険性がある」とまじめに指摘している。
 空気もビジネスチャンスになりそうなこのご時勢、もはや失恋もビジネスということか。
 実際、他の新薬に比べて投薬実験の症例が少なく、効用のほどは未知の部分も多いそうだ。あるジャーナリストは「一つだけはっきりしているのは、遅かれ早かれ消える病に薬は必要なのかということだ」と皮肉っている。
 恋多き国イタリアでの売れ行きは果たしてどうか?



ttp://news.ameba.jp/yucasee/2010/10/85717.html

「辺りを払う」という慣用句があります。
他を近くによせない。美麗、威厳などで周囲を威圧する様子。
堂々としている様子。
なんかオーラを感じる言葉ですね。

PICKUP
恋愛 占い

多重債務者の思考

花井美理 アイドル情報

ボック

会社設立しよう!~東京都~

大言壮語(たいげんそうご)

結婚記念日 デコメ 待受け

煮え湯を飲まされる

浮気されないために 浮気・不倫調査

お笑い芸人デコメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。