FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

提供コンテンツ数35万超のiTunes U ―― いつでもどこでも世界の名講義を

提供コンテンツ数35万超のiTunes U ―― いつでもどこでも世界の名講義を
NHKの番組「ハーバード白熱教室」が人気となり、その政治哲学の講義をまとめた書籍『これからの「正義」の話をしよう』も話題を呼ぶなど、大学の講義が注目を集めている2010年。ほかにも何か学んでみたいと考えている人は多いのではないでしょうか。そんな時には、iTunesStore内の教育コンテンツ配信サービス「iTunesU」の中を探索してみましょう。きっと興味を引かれるトピックに巡り会えるはずです。
アップルが運営する「iTunesU(アイチューンズユー)」をご存じでしょうか。「iTunesStore」内で、名門大学の講義ビデオや音声など、35万を超える学習コンテンツが提供されています。
▽Apple-iTunesU-Learnanything,anywhere,anytime.
大学の講義などのコンテンツは、YouTubeをはじめ、さまざまなサービスで提供されています。その中でも、iTunesUは、膨大な数の教育用コンテンツが整理されている点、iTunesを利用してiPhoneやiPodに簡単にダウンロードできる点で使い勝手がよいと言えます。
世界中の教育コンテンツを一望して、いつでもどこでも学習を始められるiTunesU。この魅力的なサービスを試してみない手はありません。さっそくiTunesUの使い方と、提供されている講義を見ていきましょう。
■iTunesUを使ってみよう<視聴とダウンロード>
iTunesを立ち上げてiTunesStoreに移動すると、「ミュージック」「AppStore」などのメニューと並んで、画面右上に「iTunesU」のメニューがあります。これをクリックすると、iTunesUへ。

さっそく講義を選択してみましょう。ここでは、ダウンロードランキングでトップ(2010年10月13日現在)の「JusticewithMichaelSundel」を選択してみました。NHK「ハーバード白熱教室」でおなじみ、ハーバード大学のマイケルサンデル教授の講義です。

講義の詳細の画面では、その場で講義を視聴したり、ダウンロードしたりすることができます。また、「リンクをコピー」「Twitterで共有」「Facebookで共有」といった共有のための選択肢も用意されています。

iTunesUのコンテンツを利用する基本的な方法を見てきました。次は、講義を探す方法を紹介します。
<講義を探すには>
iTunesUでは、35万を超えるコンテンツが提供されています。この中から興味を引かれるコンテンツを探すには、「Noteworthy(注目のコンテンツ)」「TOPDOWNLOADS(ダウンロードランキング)」や「カテゴリー」、「iTunesUQUICKLINKS」にリストアップされている「Universities&Colleges(大学のリスト)」「iTunesUPowerSearch(iTunesU詳細検索)」が役に立ちます。それぞれ、ホーム画面の以下の部分からアクセスできます。

■iTunesUで提供されている講義どのコンテンツから視聴すればよいか迷ってしまう場合は、講義をピックアップして紹介しているエントリーを参考にしてみてはいかがでしょうか。以下のエントリーでは、物理学、数学といった理系の講義が5つ紹介されています。
▽世界一流の講義を無料提供:『iTunesU』から5選|WIREDVISION
慶応義塾大学、東京大学、明治大学、早稲田大学といった日本の大学も講義を提供しており、日本語の講義を視聴することができます。
▽東大など、講義をiTunesUで公開 「ハーバード白熱教室inJapan」も-ITmediaNews
▽ASCII.jp:慶応/東大/明治/早稲田がiTunesUで講義ビデオなど配信
おもしろそうな講義を、以下に2つピックアップしてみました。東京大学の「学術俯瞰講義」では、音楽家の坂本龍一氏と東京大学の小林康夫教授による特別講義「音楽はどこにある?」を、慶応義塾大学の「ネットワーク産業論」では、iモード誕生の立役者である夏野剛氏の講義を視聴できます。
▽「情報が世界を変える」―学術俯瞰講義2007-DownloadfreecontentfromTheUniversityofTokyooniTunes
▽ネットワーク産業論2009-DownloadfreecontentfromKeioUniversityoniTunes
「講義」というと、堅苦しいイメージがありますが、楽しみながら視聴できるコンテンツもたくさんあります。ぜひ様々な講義を試聴してみてください。
■おわりに2010年夏、iTunesUでのコンテンツのダウンロード回数が3億回を突破。今、学習のスタイルが大きく変わりつつあるのかもしれません。本記事で紹介したiTunesU以外にも様々な学習支援ツールや教育コンテンツ提供サービスがあります。さらに、ウェブを活用した学習や教育の潮流について知りたいという人は、梅田望夫飯吉透著『ウェブで学ぶ』を手に取ってみてはいかがでしょうか。

関連エントリー



ttp://news.ameba.jp/hatena/2010/10/85771.html

日本の経済が好機に向かうのはまだ先なんでしょうね~。
そして私にお金が回ってくるのはまだまだ先…w
いやむしろ回ってこない可能性も、、、w
この甲斐性無し!!って言われないよう頑張りますw
PICKUP
中国料理レシピ@麻婆豆腐

グアム旅行

不倫調査

債務整理を秘密でする

東京メトロ有楽町線要町駅

安藤 成子 アイドル情報

すぐ借りられるカード現金化

生年月日 占い

引越しの荷造り

パンナコッタ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。