FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手塚治虫×浦沢直樹の人気マンガ「PLUTO」、ハリウッドで実写CG映画化

手塚治虫×浦沢直樹の人気マンガ「PLUTO」、ハリウッドで実写CG映画化

日本では850万部以上が売れている人気漫画「PLUTO(プルートウ)」がハリウッドで実写版CG映画として製作されることが決定した。長崎尚志との共著である浦沢直樹の漫画「PLUTO」は、手塚治虫の伝説のシリーズ「鉄腕アトム」の「地上最大のロボット」をリメイクした人気作。映画版を製作するのは、手塚プロダクションとクリスメレダンドリのイルミネーションエンターテインメント。

浦沢直樹は、今回のビッグプロジェクトについて「私は子供の頃から『地上最大のロボットの巻』の大ファンでした。しかし、まさか自分がそれをリメイクして『PLUTO』を描くことになるとは思ってもみませんでしたし、それはとてつもない挑戦でした。今回、その『PLUTO』の実写映画化に挑む新たなチャレンジャーが現れました。大の手塚ファンの私は期待をこめて見守りたいと思います」とコメントを寄せている。
実写CG映画のエグゼクティブプロデューサーを務める手塚眞は、「手塚治虫と浦沢直樹のコラボレーション。これは黒澤明と北野武が出会ったような、あるいはフォードの『駅馬車』をルーカスが『スターウォーズ』に作り変えたような、マンガの大ニュースでした。さらにそこにグローバルな映画のアーティストたちの手が加われば、その興奮は数倍にもなるでしょう。これがハリウッドと日本の良いパートナーシップのもとに作られる、エポックメイキングな傑作になることを期待しています」と並々ならぬ意欲を見せている。
映画化の発表で、どのような作品に仕上がるのか気になるところだが、製作を担当するクリスメレダンドリは、これまでに20億ドル以上を興行収入で売り上げている実績がある。代表作として「アイスエイジ」、「アイスエイジ2」、「ロボッツ」、「ホートンふしぎな世界のダレダーレ」、「ザシンプソンズMOVIE」、最近では、クリスメレダンドリの新たな旗印であるイルミネーションエンターテインメントより「怪盗グルーの月泥棒3D」をリリースして、全米アニメ映画興行成績で10位を記録したばかり。
第23回東京国際映画祭に特別招待祭作品として「怪盗グルーの月泥棒3D」(10月29日公開)が出品されるのに伴い、クリスメレダンドリも映画祭参加のため、10月21日(木)来日予定。「PLUTO」の製作状況について語られる可能性も十分あり得る。
遂に映画化に向けて動き出した「PLUTO」。監督やキャストなどは決まっていないが、最先端の映像技術を駆使した超大作になることは間違いないだろう。
■関連記事



ttp://news.ameba.jp/mhollywood/2010/10/85894.html

「仇で恩を報いる」と言う言葉があります。
恨みのあるものに対し、却って情けをかけること。
仇を情に引き換えるともいいます。
ちなみに私はきっちり仇で返しますw

PICKUP
経営計画をたてるまえに税理士事務所を探す

東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅

白神山地

オペラ

東京メトロ南北線市ケ谷駅

パフェ

あの人に会いたいと思いませんか?

税理士選びのポイント【新潟】

小倉遥 アイドル情報

探偵による浮気調査

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。