FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャスト陣の見事なハーモニーで完成した韓国の新感覚時代劇「チュノ」

キャスト陣の見事なハーモニーで完成した韓国の新感覚時代劇「チュノ」
韓国で瞬間最高視聴率41.9%を記録したテレビドラマ「チュノ 推奴」に主演するチャンヒョク、オジホ、イダへが来日し、インタビューに応じた。

李氏朝鮮時代中期を舞台に、逃亡した被差別階級者たちを追う「推奴(チュノ)師」になった男テギル(ヒョク)と、追われる男テハ(ジホ)、そしてテギルが探し求める初恋の女性ヘウォン(ダへ)の運命を描く時代劇アクション。特筆すべきは男性キャストが披露する6つに割れた“チョコレート腹筋”で、監督が「300スリーハンドレッド」を意識したというだけあって、彫刻のような美しさだ。
キャスト陣は「画面がスタイリッシュだし、従来の時代劇とは違い、下層階級の人々、庶民を描いたテーマも斬新」(ヒョク)、「韓国はもともと時代劇が好きな人が多いんですが、彼らをうならせるだけの新たな試みをしていると思います」(ダへ)と、ドラマの枠を超えた新感覚時代劇に自信をのぞかせる。
ヒョクは「火山高」(2001)、「僕の彼女を紹介します」(04)など数々の映画に出演してきた実力派。「同年代との共演が多かった以前の作品に比べ、あらゆる世代の俳優と共演でき、学ぶこともたくさんあった。俳優というのは自分をよく見せようとして感情表現がオーバーになったりするけど、役者同士の“ハーモニー”が見事にはまった現場でしたね」と振り返る。
さらに、ジホとダへについても「ジホさんは一見クールな2枚目だけど、情に厚く、自分の祖父を思い出すほど親しみを感じました。ダへさんはとにかくリアクションに強い。こちらの予想以上の演技が返ってきて、共演者としては『自分もそれ以上の演技で応えたい』と思い、結果的にシーンがどんどん豊かになっていきました」と賞賛を惜しまない。
一方、「チュノ」人気で、今後、日本でますます注目を集めるであろうジホとダへは、「ロマンチックコメディに数多く出演してきた僕にとって初めての時代劇。イメージチェンジにもなったし、演技の幅も広がったと思う」(ジホ)、「今まで演じてきた役はどちらかというと“動”のイメージだったけど、今回は“静”。感情を抑える演技の難しさを実感しましたが、自信にもつながりました。これからは悪役とか女戦士とか180度違う役をやってみたいですね」(ダへ)と語った。
「チュノ 推奴」は10月22日よりTSUTAYA独占レンタル開始。セル版も同時発売。


ttp://news.ameba.jp/eigacom/2010/10/86490.html

相撲って日本の国技なんでしょうけど、、よくルールがわかりません、、、ww
何か夕方にやってるのはよく観ましたけど、いまいちよくわかりませんねww
でもチャンピオン?wというか横綱になったらかなり儲かるんですかね?
やはりスポーツのプロって選手生命短いし、一生の仕事ではないですもんね。。


PICKUP
税理士紹介 東京都中央区

女性向け任意整理

機が熟す

スキャンダル恋愛ゲーム

上海蟹を使った中華料理の小籠包

元彼女がストーカー?

胃の病気

トヨタ アルファード 無料査定

話題のFXを徹底調査してFXの達人に!

所在調査依頼受けます

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。