FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「トータル・リコール」リメイク版の主演候補にコリン・ファレル、トム・ハーディ

「トータル・リコール」リメイク版の主演候補にコリン・ファレル、トム・ハーディ

 1990年に公開され、アカデミー視覚効果賞も受賞したハリウッドのSF大作「トータルリコール」のリメイクが決定して久しいが、アーノルドシュワルツェネッガーに代わる新しい主演としてコリンファレル、トムハーディ、マイケルファスベンダーらの名前が挙がっている。

 米エンタメサイトheatvisionによると、今回のリメイク版は「ディックの得意とする、現実と妄想の対立がテーマ。観客はそれが夢なのか現実なのかわからない」のだそうだ。オリジナルとまったく同じ気もするが…娯楽アクション色の強かったオリジナルに比べ、よりサスペンス色が濃くなるということだろうか。
 監督は「ダイハード4.0」(07)のレンワイズマン、脚本はアンジェリーナジョリー主演のスパイアクション「ソルト」(10)や2011年1月に公開するサスペンス「完全なる報復」などのカートウィマー。現在のところ最有力なのはコリンファレルだといわれているが、ファレルは最近、ホラーコメディ「フライトナイト」(85)のリメイク版にも出演が決まっており、リメイク俳優という新たなポジションを確立しそうな勢いだ。
 「トータルリコール」はSF作家フィリップKディックの短編小説「追憶売ります」を原作にポールヴァーホーヴェンが映画化したもの。ディック原作の映画は他に「ブレードランナー」(82)、「スクリーマーズ」(96)、「マイノリティリポート」(02)、「ペイチェック 消された記憶」(04)、「スキャナーダークリー」(06)などヒット作が多いことでも知られる。
 さらに、シュワルツェネッガー主演「トゥルーライズ」(94)のTVシリーズ化が決定するなど、ハリウッドのリメイクラッシュはまだまだ続きそうだ。
■関連記事



ttp://news.ameba.jp/mhollywood/2010/10/86508.html

デザインって基本的な物はやっぱりセンスですよね~。。
感性で勝負していく仕事って、正解がないから苦手なんですよね~。。
そして自分のセンスに自信がないww
やはり私は頭だけ使ってやる仕事が得意です!小さい私、、、w

PICKUP
遺憾千万(いかんせんばん)

税理士事務所の選び方[兵庫県]

知らない人につけられている?

先物取引サービスを利用して先物会社を見つける

脳出血

レア・チーズケーキ

税理士選びのポイント【長野】

東京メトロ丸ノ内線新宿三丁目駅

大阪で引越しの準備 部屋選びの重要ポイント

竜頭蛇尾(りゅうとうだび)

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。