FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これが驚異の映像体験! 『トロン:レガシー』の一部が日本でお披露目

これが驚異の映像体験! 『トロン:レガシー』の一部が日本でお披露目

12月に全世界同時公開される映画『トロン:レガシー』のスペシャルプレゼンテーション上映が第23回東京国際映画祭の初日の23日に行われ、主演のギャレッドヘドランド、オリヴィアワイルドとプロデューサーのショーンベイリーが24分間のフッテージ映像上映後に登壇した。
(PC)
『トロン:レガシー』は、主人公サムが20年前に突如として姿を消した父であり、エンコム社のCEOであるケヴィンフリンの消息を追って、父が創造した新世界へと足を踏み入れる物語。
本作は、驚異のビジュアルでこれまでにない映像体験を目指しているが、ベイリー氏は「この映画は『アバター』で使用されたものよりも高性能の3Dカメラで撮影されているので、最新の3D映画といってよいでしょう」と述べ、「私は“トロン”というユニバースでもっとたくさんのエピソードを語りたいと思っていますが、シリーズ化するかは観客の感想次第ですね」と早くもシリーズ化に期待を寄せるなど作品の完成度の自信を見せた。また、コンピューターの世界の中に足を踏み入れる主人公サムを演じたヘドランドは「この映画のためにトレーニングを積んだよ。体幹を鍛え、バイクの乗り方もトレーニングした。ちなみにその施設は“ニンジャ”がやっているんだよ」とジョークを飛ばし、物語の重要なカギを握る謎の女クオラを演じたワイルドは「クオラを演じる時はジャンヌダルクをイメージしました。彼女は戦士でありながらイノセントな部分があるんです。また、この映画の世界は東京に似ています。どちらも近未来的でクールな部分があります」とコメントした。
その後、本作の宣伝サポーターに任命された山田優が登壇。ヘドランドが「ぜひとも次回作で共演を」とラブコールをおくると、山田は「本当に出たい!」と満面の笑みを見せた。
「第23回東京国際映画祭」
10月31日(日)まで六本木ヒルズほか都内各所で開催中
『トロン:レガシー』
12月17日(金)全世界同時公開
(C)DisneyEnterprises,Inc.Allrightsreserved.
[写真:『トロン:レガシー』スペシャルプレゼンテーションの模様]
(PC)
(PC)
(PC)
(PC)
(PC)
(モバイル)
(モバイル)
(モバイル)
ttp://news.ameba.jp/pia/2010/10/86805.html

「生き急ぐ」造語ですね。。
若くして死のうとする。まだ死ななくてもいいのに死のうとする。
ガンダム観てたら出てきそうな言葉ですねw

PICKUP
個人民事再生で借金減額

小説/オリジナル/恋愛/ポエム画/創作小説/言葉

浮気チェックの為に調査依頼

パチンコ依存症で作った借金

中国料理レシピ@家常豆腐

結婚式の祝電マナー

レーシックで視力回復【横浜】

「狼と香辛料」おすすめ漫画特集

大きな顔をする

猫の種類/セルカークレックス

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。