FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェシー・アイゼンバーグ、フェイスブック未使用を告白

ジェシー・アイゼンバーグ、フェイスブック未使用を告白
第23回東京国際映画祭のオープニング作品「ソーシャルネットワーク」(デビッドフィンチャー監督)の来日会見が10月25日、東京日比谷のザペニンシュラ東京で行われ、同映画祭のため初来日を果たした製作総指揮脚本のアーロンソーキンと主演のジェシーアイゼンバーグが出席した。

同作は10月1日の全米公開以来、多数の批評家から絶賛され、本年度のアカデミー賞最有力との呼び声も高い話題作。史上最年少の億万長者となったマークザッカーバーグが、約5億人のユーザー数を誇る世界最大のSNS(ソーシャルネットワークサービス)「フェイスブック」を創設するまでが描かれる。
ソーキンは、トムクルーズ、ジャックニコルソン共演の映画「アフューグッドメン」や人気テレビシリーズ「ザホワイトハウス」などで知られ、現代最高の脚本家のひとりと評されている。「これはフェイスブックを使っていなくても楽しめる映画。友情、忠誠心、裏切り、階級、嫉妬(しっと)といった古典的なストーリー要素が、21世紀の現代的な舞台の上で繰り広げられているところに興味を持った」と同作にひかれた理由を説明した。
一方、時代の寵児(ちょうじ)となった実在の人物ザッカーバーグを演じたアイゼンバーグは、「実はフェイスブックも使っていなかったし、マークのことも名前しか知らなかった」。フィンチャー監督からは、「君はマイケルジャクソンやエルビスプレスリーを演じるわけではないから、本人のマネはしなくていい」と指示されたことを明かした。
単なるサクセスストーリーではなく、悲劇、ブラックコメディとしてもとらえることができる同作。ソーキンは、「すでに見た観客は、同じ映画であるにもかかわらず、それぞれまったく異なる印象、感想を持っている。それは私にとってとてもうれしいことで、これから見る人は、自分の目で見て、自分なりの結論を出して欲しい」とアピールした。
「ソーシャルネットワーク」は、2011年1月15日から全国で公開。



ttp://news.ameba.jp/eigacom/2010/10/86842.html

一度でいいから外国行ってみたいなー。。
行くんだったらヨーロッパですね!綺麗そうだし、自然もたくさんありそう
。いつかは金を貯めて行くぞ!
そして将来は海外で生活だw

PICKUP
大きな顔をする

レーシックの専門クリニック

再婚の婚活☆結婚相談所

中絶費用詐欺/詐欺被害を防ぐ

レーシックの価格

エアーズロック

税理士選びのポイント【愛媛】

為替のレートを決めるマーケットメイカー

乳腺症

可能!過払い請求

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。