FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイアナ妃の伝記映画が2本登場、C・セロンとK・ナイトレイが候補に

ダイアナ妃の伝記映画が2本登場、C・セロンとK・ナイトレイが候補に

2011年7月は故ダイアナ妃の生誕50周年、また世紀の結婚と謳われたチャールズ皇太子との挙式から30年という節目にあたる。そこで今、まったく異なる故ダイアナ妃の伝記映画の企画が持ち上がっているらしい。

一つはイギリスの製作会社パテによるダイアナ妃の幼少期から死までを追った正統派の伝記もの、もう一つは10年来ダイアナ妃のSPだったというケンウォーフ著「ダイアナ-王室警護官が見た「英国のバラ」秘密」を映画化したもので少しダークな切り口になるという。
前者は現在、キーラナイトレイとスカーレットヨハンソンが主演候補に挙がっている。ナイトレイは以前「ある公爵夫人の生涯」(09)で、ダイアナ妃の一族であるスペンサー家の夫人を演じたこともあり、有力視されているようだ。
また、ダイアナ妃の母親役には「クイーン」(07)でエリザベス女王に扮したヘレンミレンの名も浮上している。もし出演が決まれば、ミレンはチャールズ皇太子、ダイアナ妃それぞれの母親を演じることになる(!)。
後者は主演にシャーリーズセロン、そしてウォーフ役にはユアンマクレガーの名前が挙がっている。プロデュースは「鳩の翼」(98)や「コンフェッション」(03)のスティーヴンエヴァンス。スティーヴンは英デイリーメール紙に対し「実際にダイアナ妃の周りにいた人たちの声を聞いて、真実味のある映画を作りたい。ケンウォーフは彼女の側にいて、彼女の人生の重要な時間を共に過ごしている」と語っている。
■関連記事



ttp://news.ameba.jp/mhollywood/2010/10/87152.html

「意気投合する」という言葉があります。
お互いの心と心が、ぴったり一致すること。
他人と心が一致するときほど嬉しいことはないですよ!
気持ちってのは人間の一番大切な持ち物です。

PICKUP
『富士宮やきそば』静岡県富士宮市のB級グルメ

税理士紹介 東京都板橋区

生命保険の見直し方

デコメ絵文字を探す!

話題のFXを徹底調査してFXの達人に!

コラーゲンで肌に潤いを与える

レーシックと保険

連れ戻したい人がいる

スタウト

スズキ アルト 買取・査定

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。