FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引退会見の違和感と谷亮子センセイの今後

引退会見の違和感と谷亮子センセイの今後
女子柔道五輪金メダリストの谷亮子参議院議員が競技生活からの引退を表明した10月16日の記者会見。柔道関係者ではなく民主党の小沢一郎元代表が同席した引退会見はその日のトップニュースとして流れ、ブログ上でも話題になった。
15才で世界のトップとなってから20年近く女子柔道界の顔だった存在だけに、その輝かしい経歴を紹介するメディアが目立ったものの、柔道競技生活と政治活動を両立すると宣言しての参議院選出馬から数か月しかたっていないこともありブログ上では
両立が無理なら議員を引退してほしかった。柔道家の谷亮子の方が価値があるから!
両立は大変なことだと想像はできますが、あまりにも早すぎないか?
こうなることは簡単に予想できたハズ…参院選に出馬する時点で引退するべきだったのでは…
と厳しい見方が多く見られた。
さらに「参議院議員の谷亮子」として小沢氏同伴の会見、弱音や愚痴がひと言も出てこない会見内容に
現役引退の会見なのに、なーんで柔道連盟の人はなくて小沢氏が隣に?
「思ったより両立が大変だったから」と言ってくれたほうが納得できるのに
柔道でやるだけやったから次は政治の世界でバリバリやる!というなら、まだわかる
などなど、様々な「違和感」が語られた。常に注目され続けてきた存在ゆえの「違和感」とも言えるが、最後まで弱さを見せない苦労も見せないという美学を見せつける幕引きだったゆえ
いつも優等生で本音がわからない。アスリートとしての苦悩が最後まで語られなかったのが残念
どんな仕事だって子育との両立は大変なのに、彼女はそれさえも軽くこなした気にさせる
飄々と選手生活と子育てをしているように見えてしまう。そんなことありえないのに。
といった受け止め方が多く見られるように、谷亮子演じる“ヤワラちゃん”や2児の母としての素顔が見えないもどかしさなのかもしれない。
もちろん偉大な経歴を誇る存在であることに違いはないので、参議院議員としてのあり方を抜きにして、アスリートとしての引き際として
最後まで「強いヤワラちゃん」のままでの幕引きは、見事!
柔道界にとっては大変な功労者ですから、もっとふさわしい幕引きの仕方があったと思う
第二の人生を柔道界全体で気持ちよく送り出してあげてほしかった
と純粋に捉えるコメントもあった。そういった支持層からは
スポーツで鍛えた強靭な体力と精神力で議員として活躍してくれることを期待します!
あくなきチャレンジ精神で困難を乗り越えてきたのだから、政治家としても将来を期待できるのでは
自分の経験を生かして、子育てしやすい環境子どもを作りたくなる社会を作ってほしい
と今後への期待も語られていた。スポーツ振興もいいけれど、「ママでも金」を達成したときに子育て中の母親層から絶大な支持を得たように、今後は母としての経験が生きてくるはず。選手時代のように期待やプレッシャーを超えて結果を出すためには、母としての喜びや苦労を率直に語ることから始まる気もする。
(夏目昌)

 


ttp://news.ameba.jp/kizasi-1/2010/10/87068.html

早く立ち直ってほしいです、、、。

PICKUP
滝口ミラ アイドル情報

結婚式の手作りウェルカムボード

なりすまし詐欺/詐欺被害を防ぐ

付き合っている彼氏の素行調査

保険でお悩みの方に

旭山動物園

トヨタ『マークX』の中古車査定や買取

歌詞つき着うた?着ボイス

エステでアクシダーム(アンチエイジング)

東京メトロ副都心線氷川台駅

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。