FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六本木ヒルズが火の海に!? SP岡田准一がファン600人を警護

六本木ヒルズが火の海に!? SP岡田准一がファン600人を警護

岡田准一主演の人気テレビドラマを2部作で映画化した『SP野望篇』の公開記念イベントが26日、第23回東京国際映画祭が開催中の東京六本木ヒルズアリーナで行われ、主演の岡田准一、真木よう子、松尾論、神尾佑、波多野貴文監督が出席した。同所は映画冒頭で描かれる大規模な爆破テロシーンが約1年前に撮影された場所。この日は、実際の火薬を用いたド派手な演出でシーンが再現され、岡田らがファン600人の“警護”にあたった。
(PC)
2008年春に放映されたTVスペシャル版のラストから1か月後を舞台に、井上(岡田)ら警視庁警備部警護課第四係のSPたちが国家を揺るがす巨大テロ事件に立ち向かう姿を描いた本作。原案脚本を手掛けるのはテレビシリーズに引き続き、直木賞作家の金城一紀。2011年3月12日には、事件の奥に潜む巨大な陰謀が明らかとなる『SP革命篇』の公開を控える。
岡田は「今まで日本を舞台にした現代もののアクションは、なかなか作られることがなかった。日本映画のためにできることは何か。そんなことを考えながら、僕たちの気持ちをぶつけた」と作品への熱い思いを吐露。また、完結篇となる『SP革命篇』についても「深々とした重厚感がある作品」とアクションをメインとした『…野望篇』との違いをアピール。「ラストにふさわしい作品になるはず」と胸を張った。
また、共演の真木は「これほど長い間、ひとつの作品に寄り添い続けるということはあまりないこと。私も含めて、皆さんが心の底から『SP』を愛していると思うし、とても大切な作品」。岡田からはアクション指南を受けたが「丁寧で優しく教えてくださるんですけど…私がうまくできないと、(岡田は)怖かったです」と思わず本音をポロリ。メガホンを執った波多野監督は「本当にお待たせしました。楽しんで作った作品なので、ぜひ皆さんにも楽しんでいただければ。ハリウッドでも香港でもない、僕らのアクションになっている。ストーリーも秀逸なものになった」とこちらも自信満々だ。
アリーナでのイベント終了後、TOHOシネマズ六本木ヒルズでは上映前の舞台挨拶も行われ、尾形役の堤真一が合流。「この作品は金城君と岡田君の執念で出来上がったもの」と“部下”を称える一方、「映画版では、僕は別行動が多いので、だんだん岡田君たちから冷たくされた」と恨み節。岡田は慌てて「苦しいとき、堤さんが冗談を言って和ませてくれた」とフォローしていた。
『SP野望篇』
10月30日(土)より全国東宝系にて公開
[写真:舞台挨拶の様子]
(PC)
(PC)
(PC)
(モバイル)
(モバイル)

ttp://news.ameba.jp/pia/2010/10/87071.html

私自身スポーツはそんな得意ではないんですが、観るのは好きです!
スポーツ漫画とか映画とか観るの専門ですが、好きですね~。。
何といってもドラマがありますよ!汗と涙のオンパレード、、。
感動の嵐ですよ、、。今日も帰って泣けるのいくか、、、、、ww

PICKUP
20~60歳はレーシックが受けられます

イントラレーシック(レーシック術式)

スープと肉が最高の小籠包

アユタヤ

女性特有の病気

出資法の上限とは?

代金引換郵便詐欺/詐欺被害を防ぐ

コエンザイムQ10の抗酸化作用

蟹味噌凝縮!上海蟹は絶品

電子コミック無料情報

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。