FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上地雄輔、山田孝之ら新キャストも発表。映画『のぼうの城』の俳優陣が完成に期待

上地雄輔、山田孝之ら新キャストも発表。映画『のぼうの城』の俳優陣が完成に期待

野村萬斎が7年ぶりの映画主演を務める『のぼうの城』の製作現場会見が26日に京都の東映撮影所で行われ、主演の野村をはじめ、佐藤浩市、榮倉奈々、山口智充、成宮寛貴と、このほど出演が明らかになった上地雄輔、山田孝之、平岳大が登壇した。
(PC)
『のぼうの城』は、家臣から“のぼう様”と呼ばれる忍城(おしじょう)の城代成田長親(野村)が、外見からは想像もできない才能と人望によって、天下統一を目指す豊臣秀吉の2万の大軍を相手に、たった500名の兵で圧倒的な戦いを見せる様を描いた作品。
これまで“のぼう様”率いる“でくのぼう軍”のキャストは発表されていたが、当日は彼らの敵である豊臣秀吉軍のキャストが発表になり、秀吉を市村正親が、忍城を窮地に陥れる石田光成を上地が、石田と厚い友情で結ばれた武将大谷吉継を山田が、そして長親を開戦へと決意させる高飛車な武将長束正家を平が演じることが明らかになった。
上地は「すごく暑かったり、寒かったり、(鎧が)重かったり、長かったり」と撮影の苦労を語るも「現場のスタッフやキャストが温かくて、楽しく“役者冥利につきる役”をやらせていただいてるので楽しみながらやらしていただいております」とコメント。現在公開中の『十三人の刺客』に続いての時代劇出演となる山田は「CGが派手な場所は想像しながら撮影するんですけど、その出来上がりも楽しみですし、こちらは三成軍ばかりの撮影なので、忍城側の撮影を見てないので、そちら側を見るのも楽しみです」と述べた。
本作は現在も撮影が続いているが、佐藤が「いろいろな時代、人々とは違う方向でありながら、その時代劇を好きな方々も楽しめる、新しい形のベクトルを示せた作品となっているので、映画ファンには期待していただきたい」、成宮が「今回は監督が2人いるので、おふたりの得意分野を生かした役割分担になっているので、いつもと違うスタイルで作った作品になっている」と語るなど、俳優陣の期待感は大きいようで、野村は「親の心も反映され、子の心もあり、そして恋愛関係もあり、友情もあり、人の死という事もあり、生きるという事も描き、本当に楽しめる3世代ぐらいで手を繋いで見に来ていただきたいなと思っておりますので、どうぞご期待いただきたいと思います」と作品の完成度に早くも自信を見せた。
映画『のぼうの城』は、東宝とアスミックエースの配給で来年秋に全国公開される。
『のぼうの城』
2011年秋 全国東宝系ロードショー
[写真:映画『のぼうの城』製作現場会見の模様(C)2011『のぼうの城』フィルムパートナーズ]
(PC)
(PC)
(モバイル)
(モバイル)
ttp://news.ameba.jp/pia/2010/10/87268.html

この世の中、自分を助けてくれるのはやはり自分自身でしょうね。

PICKUP
知床

サラ金返済で生活苦

転職とキャリアアップ(資格)

東京メトロ千代田線日比谷駅

漫画 鋼の錬金術師登場人物

ホンダ『インサイト』の中古車査定や買取

意気軒昂(いきけんこう)

たくさんの具を味わえる八宝菜

ねずみ講/詐欺被害を防ぐ

婚活パーティーに参加

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。