FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

婚活中の人は必見!? ハロウィン由来の結婚相手占い

婚活中の人は必見!? ハロウィン由来の結婚相手占い

ハロウィンの日が間近に迫り、こちらアメリカでは学校や病院、銀行、レストランなど街中にハロウィンの装飾が溢れ、紅葉の美しさとともに私達の目を楽しませてくれています。
スーパーのレジスタッフまでもが、ドラキュラやミイラ、妖精に魔女と、思い思いのコスチュームに身を包み、来客の応対に励んでいます。中には怖がって泣き出す子供も(笑)、さらに各家々の前にも、巨大なオレンジ色のカボチャが並びます。
そんな日本でも知られてきたハロウィンですが、まだまだクリスマスほどではないでしょう。
今回はそのハロウィンの由来や歴史、さらには伝統的なハロウィンの結婚相手占いをご紹介します。
婚活中の方、未来の結婚相手を占いたい方は、是非お試しください!
 
◎そもそも、ハロウィンってなに?
11月1日のキリスト教の祝日である「万聖節」の前夜祭。(AllSaints'Day=「万聖節」あるいは「諸聖人の祝日」)「Halloween」とは、もともとはオールドイングリッシュの「AllHallows'eve」で、「theeveofAllSaints'Day(万聖節の前夜祭)」の意味。
古代ヨーロッパ(イギリスやアイルランド、スコットランド)の原住民ケルト族の収穫感謝祭がキリスト教に取り入れられ、現在のハロウィンになったとされます。ケルト族の1年の終わりは10月31日。この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていました。これらから身を守る為に仮面を被り、魔除けの焚火を焚いたそうです。
31日の夜にはカボチャをくりぬいて作ったジャックオーランタン(カボチャのちょうちん)にロウソクを立て、魔女やお化けに仮装した子供達が「TrickorTreat(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ)」と唱えて近くの家を1軒ずつ訪ねます。各家庭ではパンプキンパイなどのカボチャのお菓子を作ったり、子供達はもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィンパーティーを開いたりします。
その由来は、イギリスの先住民であるケルト民族の、冬の始まりといわれる11月1日の前夜に永眠していたはずの魔女やお化けなどが蘇えり、人間にトリック(いたずら)をするという言い伝えにあります。子供達は魔女やお化けにトリックされないように仮装し、「trickortreat(いたずらされたくないなら、お菓子をちょうだい)」と、かごを持って近所の家を1軒1軒、訪問します。ケルト民族の影響が多いアメリカでは、この習慣が大いに残っており、子供たちも、今年は何に扮装するかと楽しみにこの日を待ちます。
◎ケルト族の信仰ドルイド教
ハロウィンの起源は、ケルト族が信仰していたドルイド教にあります。ドルイド教では季節を2つに分けて考え、冬は11月~5月、夏は6月~10月で、11月1日は新年最初の日(サムハイン祭)でした。この日は「夏の終わり=新年の訪れ」であり、前日の10月31日は大晦日にあたりました。サムハイン祭には神々の世界が人間にも見えるようになり、神々は人間にいたずらをすると考えられていました。
この時期は魔女や悪霊の力も大きくなると考えられていたので、それらから身を守るために巨大な焚き火をしたり、顔を墨で黒く塗ったりしました。また10月31日の夜には先祖の霊が帰って来ると考えられていたため、死者にお供え物もし、1年の収穫を神に感謝する祝いの宴をしたそうです。
そんなハロウィンとは、これから到来する冬や暗闇への畏怖、先祖への崇拝、収穫祭の3つが重なったお祭りで、日本の冬至祭、お盆、秋季皇霊祭に近い慣習とも言えるでしょう。
さらに、ケルト人のお祭りがキリスト教の諸聖人を祀る前夜祭と重ねられるようになり、834年に11月1日を万聖節、988年に11月2日を万霊節と呼ぶようになりました。こうしてハロウィンは、北米や英語圏を中心とした地域に人気のある記念日となったのです。
◎ジャックオーランタン(カボチャの提灯)の由来
ハロウィンにはカボチャのお面や提灯(ちょうちん)がつきもの。この提灯は"Jack-o'lantern"(ジャックオーランタン)と呼ばれ、アイルランドの伝説に由来しています。
その昔アイルランドに、ケチで酒好き、その上人を騙してばかりいるジャックという鍛冶屋がいました。ジャックはハロウィンの夜に悪魔と会い、危うく魂を取られそうになります。しかしジャックはいつもの悪知恵を働かせ、「俺の魂をあげるから、その前に1杯飲ませてくれ」と言いました。悪魔はジャックの飲み代のために6ペンスに化け、ジャックはその6ペンスを自分の財布に入れて、悪魔が出られないように財布を閉じました。ジャックは出してくれと頼む悪魔に、「出してやるから10年間自分の魂を取るな」と約束させ、悪魔を財布からだしてやったのです。
10年後、ジャックは道でかつての同じ悪魔と会い、また魂を取られそうになります。今度は「魂をやるから、その前にあのリンゴを食べさせてくれ」と言いました。悪魔がリンゴを取りに木に登ると、ジャックはすかさず木の幹に布で十字架を作り、悪魔が降りてこられないようにしました。下ろしてくれと頼む悪魔に、ジャックは「今度は絶対に魂を取らない」と約束させ木から下ろしてやったのです。
やがてジャックも歳を取り、死んで天国に向かうのですが、生前の行いが悪過ぎて地獄へ回されてしまいます。ところがその地獄で、以前ジャックがだました悪魔に出会い、「お前の命は取らないと約束したのだから地獄に入れる訳にはいかない」と言われ、ジャックは天国にも地獄にも入ることができなくなります。こうしてジャックは来た道を戻ることになったのですが、道は暗く延々と続いていたため、悪魔が地獄で燃え盛る火のひとかたまりをくれました。それを持っていたカブに入れてちょうちんを作り、暗い道を歩き出しました。こうしてジャックは生前の行いの罰として、カブの提灯を持って、この世とあの世とを延々と彷徨い続けたということです。
この提灯が「ジャックオランタン」(提灯のジャック)と呼ばれるようになり、悪霊を追い払うためのシンボルとなります。そしてアイルランド人がアメリカに移住した時、アメリカではカボチャがたくさん採れるため、カブより大きなカボチャが使われるようになりました。
◎ハロウィン占い
ハロウィンの夜には、目に見えない超自然的な力が増すと考えられていたので、運勢、特に結婚相手を占う日に適していると考えられていました。その数はかなりたくさんあるのですが、そのいくつかをご紹介しましょう。

《ケーキ占い》
焼く前のケーキに指輪と指貫とコインを1個ずつ入れます。ケーキを焼いて取り分けた後、ケーキの中にコインが入っていたらお金持ちと結婚でき、指輪なら幸せな結婚、指貫は幸運に恵まれないため、もう1度占いなおします。
《リンゴの皮の占い》
リンゴの皮をむいて右肩越しに後ろへ投げます。落ちた皮の形が、未来の夫の頭文字をあらわしています。
《リンゴの種占い》
ほっぺたにリンゴの種をつけます。しばらくして種が全部落ちてしまったら彼と別れる運命。
《アサの種占い》
畑に背を向けて「夫は誰?」と言いながら左の肩越しにアサの種を畑へ投げます。幸運なら、振り返って畑を見るとそこに未来の夫の姿を見ることができます。
《鉛の占い》
鉄のスプーンに鉛をのせて火であぶってから冷水に鉛を落とします。冷え固まった鉛の形で未来の夫の職業を当てます。
《鏡の占い》
真夜中に鏡の前でリンゴを食べながら髪をとかすと、鏡の中に未来の恋人が映ります。
《キャベツ占い》
キャベツ畑で目隠しをしたままキャベツを引き抜きます。引き抜いたキャベツの形が未来の夫の体型です。
《オーブン占い》
寝る前に黙ったままパンをこねてオーブンに入れます。夢でパンをひっくり返すときに未来の夫に出会えます。
《ローズマリー占い》
ローズマリーの小枝を枕の下に入れて寝ると未来の夫を見ることができます。
《木の実占い》
焚き火の中に木の実を投げ入れます。彼が愛してくれていれば木の実がはじけます。嫌っているなら木の実はじっとしたままです。
実はアメリカ在住の私も、ハロウィンにこのような長い歴史と深い意味があることを初めて知りました。今年のハロウィンは単なる仮装パーティーなどではなく、遠い祖先に想いを馳せ、改めて神聖に迎えられそうです。

(志野デスーザ)
■あわせて読みたい



ttp://news.ameba.jp/myspiritual/2010/10/87283.html

お金というのは頭のつかいようでいくらでも儲けられるものだと聞いたことが
ありますが、それはある意味でずるくないとやはり駄目なんでしょうね。。
だから正直な人間は金持ちにはなれないんですよ。。w

PICKUP
胃潰瘍

レーシックは医師選びから始めよう

広島カープ応援サイト

役員採用詐欺/詐欺被害を防ぐ

人骨詐欺/詐欺被害を防ぐ

日産 ノート 買取・査定

レーシックで視力回復【愛知】

上海蟹を使った中華料理の小籠包

借金を免責する自己破産申請

子宮内膜症

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。