FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人類初の宇宙ホテルが5年後に開業? 宇宙開発ビジネス最新事情

人類初の宇宙ホテルが5年後に開業? 宇宙開発ビジネス最新事情

 今年9月、ロシアの宇宙開発企業エネルギア(Energia)が、民間人宇宙旅行者のための史上初の「スペースホテル」建設計画を5、6年後の開業を目指して進めていることを明らかにしました。宇宙ホテルの計画は他の民間企業も進めており、ライバルは多く、他企業では3泊4日で5億円という価格設定を発表しているところもあります。
 これまで商業用宇宙旅行は、スペースアドベンチャーズ社が手がける軌道飛行と、ヴァージンギャラクティック社が手がける弾道飛行の2つが中心で、特に弾道飛行はライバル企業が多く、どこが最も早く実現できるかに注目が集まっていました。今回宇宙ホテルが発表されたことで、商業用宇宙旅行を巡る競争に、さらに宇宙ホテルが加わることになりそうです。
 宇宙開発ビジネスは現在どのような段階にあり、今後どのように展開していくのか? 「YUCASEEMEDIA(ゆかしメディア)」は今回、商業用宇宙旅行の最新事情に迫りました。
 エネルギアの宇宙ホテル計画は、露オービタルテクノロジーズ(OrbitalTechnologies)社との共同プロジェクトで、2015年オープンが目標。最大収容人数は7名で、宿泊料など詳細は発表されていません。
 宇宙ホテルは国際宇宙ステーション(ISS)と同軌道に62マイル離れて置かれる予定で、宇宙ホテルと国際宇宙ステーションのクルーが行き来できるようになります。ホテルの利用客はロシアの宇宙船ソユーズで宇宙ホテルに到達します。
 もし実現すればぜひ利用してみたい宇宙ホテルですが、しかしこのホテルに宿泊するためには、まずオービタル宇宙旅行(軌道飛行)に申し込めるだけの資産力が必要です。軌道飛行の価格は、1人約3500万ドル~4500万ドル(約28億6000万円~36億8000万円)。スペースアドベンチャーズ社を利用し、昨年3月に宇宙旅行に旅立ったハンガリーの富豪チャールズシモニー氏や、2012年に旅行予定の米グーグルの共同創業者セルゲイブリン氏など、数百億円規模の資産がある富豪のみが実現できる旅行です。これまで、世界で7人ほどの富豪が利用しています。
 さすがに数十億円の宇宙旅行は手が出ない、そんな富裕層が注目しているのが、もう少し手軽な宇宙旅行、サブオービタル宇宙旅行(弾道飛行)です。スペースシップに乗って高度100キロへ到達し、音速の3~4倍の速さで弾道飛行し、無重力状態を約5分間体験できるというプランで、価格は約20万ドル(約1700万円)。
 昨年、日本初のサラリーマン宇宙旅行者となる稲波紀明さんのインタビュー時に弾道飛行について取り上げましたが()、現在の最新事情はどうなっているのでしょうか。
 ヴァージンギャラクティック社と提携し、日本で民間宇宙旅行販売を手がけるクラブツーリズムの宇宙旅行クラブ事務局長、浅川恵司さんによると、民間宇宙旅行の弾道飛行はヴァージンギャラクティック社が最初になることは確実と予想され、運航開始は早くて来年後半ですが、場合によってはもっと遅くなる可能性もあるそうです。
「ヴァージンギャラクティック社以外にも、弾道飛行の商業化に取り組むライバル会社は多くあります。しかし、最大のライバルと目されていた米ロケットプレーングローバル社は資金繰りに行き詰まり、倒産。米エックスコアエアロスペース社のスペースシップは高度60キロまでしか上昇できないため(価格は95000ドル)、本格的宇宙旅行とは言いにくい面があります。」(浅川さん)
 このほか、米テキサス州を拠点とするアルマジロエアロスペース社、Amazon.comのジェフベゾスCEOが設立したブルーオリジン社も弾道飛行を目指していますが、まだ具体化していないようです。

 今年10月22日、約200億円を投じてニューメキシコ州南部で建設中だった世界初の宇宙旅行専用空港「スペースポートアメリカ」で、関係者や世界中のマスコミを集めて、滑走路の除幕式が開催されました。滑走路は3000メートルの長さがあり、あらゆる航空機の離発着が可能。しかし、ヴァージンギャラクティック社を中心とした宇宙旅行専用に利用されることが、一般の空港との大きな違いです。
「スペースポートアメリカは世界初の民間の宇宙旅行専用の空港で、来年初頭にはターミナルビルも完成し、グランドオープンを迎えます。現在、弾道飛行のビジネスが最も進んでいるのは米国ですが、スウェーデンとオーストラリアなども、開発はしていないものの、自国から宇宙旅行に飛び立てるようになりたいと目指しているといわれています。今後、このような宇宙旅行専用空港が、他の国にもできる可能性はあります。」(浅川さん)
 浅川さんによると、ヴァージンギャラクティック社が販売する弾道飛行の最初の100人、「ファウンダー(Founder)」に当選したのは100人。現在、世界で合計370人が予約しています。日本人で予約したのは12人(そのうちファウンダーは3人)で、半数は会社経営者で男女の割合は半々、平均年齢は約60歳です。
 運航開始へと着実に近づいている、ヴァージンギャラクティック社の宇宙旅行。数十億円かけて行く軌道飛行はまだまだ一部の富豪のためだけの宇宙旅行ですが、弾道飛行は一般の富裕層にも手が届く価格(約20万ドル)で、2012年までには現実化する見込みです。あなたも数年後の旅行先の候補の1つに、宇宙旅行を加えてみては?



ttp://news.ameba.jp/yucasee/2010/10/87398.html

今生活がきつきつで、飲み物はもっぱらお茶!だけw
食費もできるったけうかす、昼は抜く!
いつになったら裕福な生活ができるんでしょうか、、、、。
まぁ、まだ駆け出しですから仕方ないですが、、、。




PICKUP
レーシックができるクリニック

会社設立しよう!~山梨県~

ときめき恋愛ゲーム

アルバイト求人

狭心症

auのケータイアレンジで魅せて

誠意のある税理士事務所

男と女をめぐるトラブル 人探し調査

世界遺産『アントニ・ガウディの作品群』について

サラ金で延滞して困っている

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。