FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インテルがサーバー向け新CPUを発表、「Xeon 7500番台は過去最大の性能向上」


インテルがサーバー向け新CPUを発表、「Xeon 7500番台は過去最大の性能向上」







写真●インテルの吉田和正社長
[画像のクリックで拡大表示]





 インテルは2010年3月31日、大規模サーバー向けCPUである「インテルXeonプロセッサー7500番台」および「同6500番台」を発表した。いずれも「Nehalem-EX」という開発コード名で呼ばれていたもので、標準で2~8ソケットのSMP(Symmetric Multiple Processor)が構成できる。1チップ当たり最大で8コアを内蔵する製品があり、1コア当たり2スレッドを同時に実行するHyper-Threading技術を備える。同社の吉田和正社長(写真)はXeon 7500番台について「過去最大の性能向上」と特徴を説明した。


 Xeon 7500/6500番台の特徴は、性能向上や仮想化関連機能の強化、信頼性関連機能の強化など。例えばXeon 7500番台の性能は、一つ前の世代のXeon 7400番台(開発コード名:Dunnington)に比べて平均で3倍に達するとしている。仮想化関連機能では、I/O仮想化支援機能の強化や、ライブマイグレーションを支援するIntel VT FlexMigration機能を備えた。信頼性関連では20を超える機能を追加した。


 Xeon 7500/6500番台は45nmルールの製造プロセスを採用している。対応するメモリースロット数はプロセッサ当たり16。サードパーティがチップを開発することで最大256ソケットの構成も可能という。各コアが共有するL3キャッシュメモリーは製品によって12M~24Mバイトある。最上位製品X7560の動作周波数は2.26GHzで、L3キャッシュが24Mバイト。低価格製品のE6510は、同1.73GHzおよび12Mバイト(2ソケットまでに制限)。価格は、X7560の1000個受注時の単価が33万5420円、E6510が同6万7590円など。


http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20100331/346487/

「義を見てせざるは勇無きなり」ということわざがあります。
正義が何かを知りながら、それをしないということは勇気が無いことだ
という意味ですね。まぁ現実社会では勇気と無謀は紙一重のような気が
しますが、いい教訓だと思います。

PICKUP
シースケーキ

戸田れい アイドル情報

迫ってくる!借金返済

SF商法/詐欺被害を防ぐ

厚生年金保険料

レーシックを受けられないケース

新聞詐欺/詐欺被害を防ぐ

ジェロニモス修道院

身内に秘密で行う債務整理

いも焼酎 こいじゃが

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。