FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラフト会議、渡辺監督2年連続の幸運に「怖いくらい」

ドラフト会議、渡辺監督2年連続の幸運に「怖いくらい」

「プロ野球ドラフト会議supportedbyTOSHIBA」が10月28日、東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪で行われ、注目を集めた早大の斎藤佑樹(投手)は日本ハムが、同じく早大の大石達也(投手)は西武が、それぞれ抽選の末、交渉権を獲得した。
斎藤をはじめ多数の有力投手が対象となった今年のドラフト会議。中でも斎藤と大石に指名が集中し、斎藤には日本ハム、ロッテ、ヤクルト、ソフトバンクの4球団、大石には西武、阪神、オリックス、広島、横浜、楽天の6球団が一巡目に指名した。
昨年の菊池雄星(当時花巻東高)に続き幸運に恵まれた西武渡辺久信監督は、当たりくじを引いた瞬間大きなガッツポーズをみせ、「信じられません。(くじを引く順番が)今年は最後だったので、なんとか残ってくれという気持ちだった。本当に信じられない。なんだか怖いくらい」と喜びを爆発させた。
また、斎藤との交渉権を獲得した日本ハム藤井純一球団社長は、「非常にラッキーだった。高校時代から素晴らしい投手だし、大事に育てていきたい。北海道民の方々も多いに喜んでもらえると思う」と喜んだ。
斎藤と大石に指名が集まる一方で、今年のセリーグ王者の中日は、大学No.1左腕との呼び声が高い大野雄大(投手/佛教大)を単独指名し、巨人も最速157km右腕の澤村拓一(投手/中大)の交渉権を得た。
そのほかの球一巡目の指名では、パリーグを制したソフトバンクが山下斐紹(捕手/習志野高)、日本シリーズに出場する千葉ロッテが伊志嶺翔大(外野手/東海大)、阪神が榎田大樹(投手/東京ガス)、ヤクルトが山田哲人(内野手/履正社高)、広島が福井優也(投手/早大)、横浜が須田幸太(投手/JFE東日本)、オリックスが後藤駿太(外野手/前橋商高)、楽天が塩見貴洋(投手/八戸大)の交渉権を獲得した。
[写真:早大大石達也投手の交渉権を得てガッツポーズで喜ぶ西武渡辺久信監督(右)]
(PC)
ttp://news.ameba.jp/pia/2010/11/87473.html

小学校とかでもすでに友達のグループとかありましたよね~~。
仲間はずれになる子は必ずいて、そういう子は確かに変わり者が
多かったように感じます。でも悪いとか言うことは全然なくて、
ちょっと人との付き合いが苦手なだけだったんだろうな。。

PICKUP
漫画 HUNTER×HUNTER登場人物

東京メトロ南北線本駒込駅

未公開株詐欺/詐欺被害を防ぐ

専門職業人賠償責任保険

富山で会社設立~登記・法人化~

人気芸人のちびデコ素材

ストーカーでお悩みの方

懸賞活動で夢のような生活

スキャンダル恋愛ゲーム

企業にとっての税理士の存在

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。