FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7万5000年前の人類、既に石器尖らせる技術体得=研究

7万5000年前の人類、既に石器尖らせる技術体得=研究
  7万5000年前の人類が、石を鋭く加工してやりや刃などの石器を作る技術を体得していたとする研究結果を、欧米のチームが発表した。
 この技術は「押圧はく離」と呼ばれており、今回の研究結果は、これまで考えられてきた同技術の体得時期を5万年以上さかのぼらせるものだという。
 コロラド大自然史博物館のパオラビラ学芸員ら欧米の研究チームが、28日発行の米科学誌サイエンスに論文を掲載した。
 同大の発表によると、中石器時代に南アフリカのブロンボス洞窟にいた現生人類(ホモサピエンス)は、シルクリートの石に熱を加える技術も用いて石器を作っていた。
ttp://news.ameba.jp/world/2010/11/87702.html

「好い気味」といいますね。
気分が爽快である様子。良い気持ち。胸が透くような気持ち
。日頃不快に思ったり、仲が悪かったりする人の不幸や失敗
を喜ぶような時に使う。
いやー、良い言葉です、、、w

PICKUP
レーシックNGの可能性白内障

税理士選びのポイント【京都】

税理士を検索 大阪市住吉区

東京メトロ副都心線東新宿駅

長野で引越しの準備 部屋選びの重要ポイント

調査依頼メール相談

レーシック技術は進歩する!

川奈栞待 アイドル情報

利殖商法/詐欺被害を防ぐ

保険の種類

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。