FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『おまえうまそうだな』にブロガーも涙

映画『おまえうまそうだな』にブロガーも涙
「最初は、食べるつもりだったのに…」をキャッチコピーに、10月16日から公開されたアニメ映画『おまえうまそうだな』。原田知世や加藤清史郎、別所哲也といった豪華な声優陣の起用で、以前から話題に上がっていた作品だ。
映画チャートを賑わせるほどの爆発的なヒットこそしていないが、ブログ上では、
とにかく泣けます! 映画館を出たら親子3人、目が真っ赤で大笑い。
隣に座っていた彼氏がボロボロ泣き出すほどの感動作でした。
絵柄は可愛らしいが、内容は深い。大人にこそ進めたい作品だ。
など、子供向けの作品に関わらず、大人達から高い評価を獲得している。
本作は累計発行部数150万部以上の大ヒットを記録した、宮西達也の絵本シリーズが原案。草食恐竜とティラノサウルスの交流を、親子の絆に絡めて描いた心温まるストーリーだ。
また絵本以外に、今年10月にはテレビ東京系で5分間のテレビアニメシリーズが放送されたこともあり、
作者が徹子の部屋で絵本を朗読しててすごく良かった。
娘に読んだら自分が泣いてしまい最後まで読めなかったです。
テレビアニメ版を発見! 面白かったけど、すぐ最終回でした……。
毎朝、テレビの前で号泣でした。また再放送してほしいです。
と、映画の成功を予感させるに充分なコメントが確かにアップされていた。絵本版は最新版を含む9作品が刊行されており、テレビアニメ版もテレビドガッチやニコニコ動画といった動画サイトで配信中。劇場版とは雰囲気が大きく異なるので、観比べてみるのもオススメだ。
そんな『おまえうまそうだな』以外にも、絵本には心を強く揺さぶる作品がたくさんある。子供の頃に何気なく読んでいたものでも、読み返すと印象が大きく変わるようで、ブログ上では、
すごく怖かった『モチモチの木』は、今読むと微笑ましいものです。
『泣いた赤鬼』が切なすぎる。青鬼のような親友がいれば充分だろうに…。
大人になり『おじさんのかさ』の気持ちがよく分かった。
『100万回生きたねこ』で愛について深く考えさせられた。
といったコメントもアップされていた。
初恋や反抗期、上司からの説教……さまざまな経験を積み、物語をより深く読み取れるようになったのだろう。今後、子供の結婚や孫の誕生、年金暮らしなどを経ることで、絵本から感じる印象もまた変化していくのかも。新しい発見を探して、たまには子供の頃に好きだった絵本に手を伸ばしてみるのも良さそうだ。
(佐藤潮/effect)

 


ttp://news.ameba.jp/kizasi-1/2010/11/87628.html

「唯々諾々」という慣用句があります。
少しも逆らわずに、言いなりになる。言いなり地獄。
イェスマン、ですかね。。
最近は意志の弱い男が多いですからね~~。。

PICKUP
方法があります。借金帳消し

ジェロニモス修道院

銀魂 漫画の登場人物

来店不要カード現金化

残された借金を相続放棄

東京メトロ有楽町線市ケ谷駅

サラ金で新規借入できない!

医療保険

身近な税理士を探す[札幌市]

スクリュードライバー

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。