FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考古学の視点から。大昔に比べて世界は圧倒的に狭くなった

考古学の視点から。大昔に比べて世界は圧倒的に狭くなった

南アフリカのブロンボス洞窟。
ここは人類最古の装飾品が見つかった地として知られています。他で見つかるものが2、3万年前のものであるのに対して、ここのものは7万5000年前のものだとか。
そして今回、新たに素晴らしい発明の証拠が見つかったそうです。それは押圧剥離という石器を作る技術で、石材の縁に動物の骨などを当てて少しずつ破片を剥離させることで鋭利な石器を作るというもの。従来は2万年前に発明された手法と考えられていましたが、ブロンボス洞窟では5万5000年ほど前に使われていた証拠が見つかったそうです。
どうしてブロンボス洞窟では他の地域よりも圧倒的に古い装飾品や高度な石器が発掘されるのかという疑問に対しては、ブロンボス洞窟に住んでいた人の子孫が、世界中に散っていくにつれて技術が広まったとする説が有力だとか。
今だったら、どこかで発明されたアイディアはあっという間に世界に知れ渡りますが、大昔は伝わるのに3万年以上もかかったんですねぇ。
[]
AnnaleeNewitz(/mio)
 

ttp://news.ameba.jp/gizmodo/2010/11/87797.html

「生き倒れ」という言葉があります。
病気寒さ、飢えなどのために、路上で倒れること。または、倒れて死ぬ
こと、またその人。
最後は家族に看取られて逝きたいものです、、、。

PICKUP
千葉市のパート

消費者金融取立て相談「金沢市」

新潟 アルバイト 求人情報

婚活情報サイトで失敗しない結婚活動を学ぶ

デコメ[ライン]

福島で引越し準備リスト

家出・失踪調査[福岡]

札幌市 白石区

東京で看護士の派遣

サラ金取立て相談「徳島県」

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。