FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊之助と松緑。師走の日生劇場で人気若手歌舞伎俳優が奮闘

菊之助と松緑。師走の日生劇場で人気若手歌舞伎俳優が奮闘

尾上菊之助、尾上松緑らが出演する日生劇場十二月大歌舞伎。この製作発表が10月29日、都内にて行われ、菊之助、松緑に加え尾上菊五郎、中村時蔵らが登壇した。
(PC)
今回の公演は“継承と挑戦”というテーマを掲げ、菊五郎劇団の大切なレパートリーが当代の若手役者に引き継がれることを目的としている。選んだ演目は時代物『摂州合邦辻』と舞踊『達陀』。玉手御前が義理の息子俊徳丸に恋心と母性から毒酒を飲ませてしまう『摂州合邦辻』は、六代目菊五郎、七代目梅幸、当代菊五郎と代々玉手御前の役柄が継承され、お家芸のひとつ。12月の公演では、今年5月に「合邦庵室の場」で玉手御前に初役で挑んだ菊之助が通しで演じきる。また『達陀』は先々代松緑が振付し自ら演じた作品で、当代松緑にとっても縁のある演目。東大寺の僧集慶(松緑)と多数の練行衆によるラストの群舞が実に力強い。
日生劇場を「歌舞伎をするには難しい劇場だなあ」と思っていたら実際に出演となって驚いたという菊五郎は、玉手御前を菊之助に受け継ぎ、「初めてのジジイ役。ババアは2、3度やったことがありますが」とおどけながら初役の玉手御前の父合邦役に挑む。その菊五郎から12月も玉手御前をと言われ、「5月にやらせていただいたのにまたチャンスをいただけた」と嬉しく思ったという菊之助は、通しでの上演と聞き「身が引き締まる思い」と語る。また『合邦』では羽曳野を初役で、『達陀』では青衣の女人を演じる時蔵は、「菊五郎兄さんと『達陀』を踊った思い出を借りながら、若い松緑さんとふたりで積み上げていきたい」とアピール。松緑は「1年の最後に東京で観る歌舞伎がこの2本という方も多いと思いますので、『今年もいい1年だったな』と観ていただけた方に言っていただけたら」と締めた。
公演は12月2日(木)より25日(土)まで。チケットは現在発売中。またチケットぴあでは12月19日(日)の終演後、尾上菊之助のアフタートークショーがついた、ぴあ特別企画のチケットも販売。11月8日(月)11:00まで先行抽選を受付中。ちなみに、日生劇場での歌舞伎は歌舞伎座での公演同様、花道もすっぽんもあるのでご安心を。
[写真:会見より。写真左から、中村時蔵、尾上松緑、尾上菊之助、尾上菊五郎]
(PC)

ttp://news.ameba.jp/pia/2010/11/87811.html

私は東京に出た事がありません、人が多いと聞くだけです。
一度行ってみたいんですが、私みたいな「カッペ」は速攻で
狩りの対象にされそうで、びびりまくってますww



PICKUP
シニア保険 三井住友海上メットライフ生命保険

クライスラーの車検

福井の引越し挨拶

浮気の心理

多重債務者「静岡市」

探偵業務依頼書

滋賀県の転職

正しい生命保険

ライフプランと保険 岐阜

ハロワ 秘書

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。