FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NYアート界のちょう児を描く初のドキュメンタリー「バスキアのすべて」

NYアート界のちょう児を描く初のドキュメンタリー「バスキアのすべて」
1980年代のニューヨークアートシーンを席巻した、画家ジャン=ミシェルバスキアに迫るドキュメンタリー「バスキアのすべて」の予告編が公開された。

17歳のとき、路上でのスプレーペイントからキャリアをスタートしたバスキア。ポップアートの旗手アンディウォーホル(画家)に実力を認められ、瞬く間にトップアーティストの座にのぼりつめるが、薬物の過剰摂取により88年、27歳の若さで急死した。
本作は、バスキアの友人だったタムラデイビス監督が20年以上前に収録したバスキア本人の貴重な未公開インタビュー映像を軸に、ウォーホル、キースヘリング(画家彫刻家)、ブルーノビショフベルガー(アートディーラー)、ジュリアンシュナーベル(映画「バスキア」監督)といった友人たちの言葉でつづられるバスキア初のドキュメンタリー。若くして才能を開花させ、著名人たちと交際するなど華やかな生活を謳歌しながらも、一方で人種差別に苦悩していたバスキアの光と影が映し出されている。
「バスキアのすべて」は12月18日公開。



ttp://news.ameba.jp/eigacom/2010/11/87845.html

人の心は移りやすいものです。
ですが私は愛情というとても力のある感情を知っています。
人は愛なしでは生きられない、これは本当です。
愛なくしていきる人は人でなくても生きていきます。

PICKUP
家財保険 スミセイ損保

サラ金取立て「鹿児島県」

身近な税理士を探す[京都府]

探偵・興信所の選び方

サモエド[犬のしつけ]

クローズ

借金問題「大阪市」

コンカツ[ステキな出会い]

気になることがある

特別調停「和歌山県」

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。