FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おひとりさま」でよかったと思うことランキング

「おひとりさま」でよかったと思うことランキング

 総務省が発表しているデータを見ると、30~34歳の女子の未婚率は47.7%、35~39歳は30.9%。つまり、30代前半は約2人に1人、30代後半は約3人に1人が独身ってこと。これって、多いと思います?少ないと思います?
 ところで、現在、結婚をしておらず、ひとりで暮らしている人のことを「おひとりさま」というのはご存じのとおり。「自由だけど、ちょっとさびしい……」そんなふうに思われがちな「おひとりさま」ですが、もちろん楽しいところもいっぱいあるんです!
 そこで、今回は“「おひとりさま」でよかったと思うことランキング”のTOP5を発表しましょう!
 ランキングをナビゲートしてくれるのは、「おひとりさま」のコミックエッセイの作者であるフカザワナオコさんです! 「三十路、独身、彼ナシ、金ナシ」の四冠を武器に楽しくも切ない日々を描いた「毎日がおひとりさま。」(主婦の友社刊)が大ヒット。全国の「おひとりさま」の共感を呼び、なんとシリーズ第3弾となる「いまだに毎日がおひとりさま。」が発売になったばかり!今回は、発刊を記念してのご登場ですー。
 早速ですが、“「おひとりさま」でよかったことランキング”、第5位の発表から参りましょう!
 部屋の電球が切れてもサッサと取り替えられるし、夜中に怖い虫が出没してもなんとか対処可能。簡単なものならイケアの家具の組み立てだって、ドライバー片手になんとか仕上げることができるようになっているのが「おひとりさま」。いつのまにか、なんでもひとりでできるようになっているたくましさが備わっているんです!
 フカザワさんいわく、「でも、トイレまわりのちょっとした問題や、ドアのノブのユルユルなんかは、“未来の彼に託したいことリスト”に載っけてます(笑)」とのこと。できればエアコンのフィルター掃除もお願いしたいところですー。
 お風呂をパスしたままの就寝、深夜のネット利用やDVD鑑賞、友だちとの家飲みや朝寝坊など、たとえダラダラ三昧の時間を過ごしたとしても「だらしない!」「いい加減にしなさい!」などと叱責されることがないのが「おひとりさま」ライフのお気楽なところ。
 フカザワさんの本にも、酔ったまま寝てしまい、メイクのクレンジングもしないままコタツで朝を迎える「おひとりさま」のリアルな姿がおもしろく描かれています。
 その反面、危機管理も自分でしなくてはなりません。というのも、フカザワさん、酔ったまま部屋で転倒、机の角に強打した挙げ句、6針縫う(!)というバイオレンシーな危機的事態も経験されているという強者なんです!
 しかも、酔っているときって痛みは感じないけど、血が止まらないんですよね。わかるわー(笑)。
 好きなときに好きなものを好きなだけ食べられるって、実はとっても幸せなことだったりしませんか?もちろん栄養のバランスは考えなくてはならないものの、なんだかんだいっても「食べたいなー」と思ったときに食べることが、カラダも心も満足する秘訣なんじゃないかと私は思います。
 とはいえ、「おひとりさま」の食生活には、ときどき難敵が潜んでいることも事実!たとえばフカザワさんの場合には「キャベツ」がそれでした。
 「おいしそうだし安いから……と丸ごと1個買いしたものの、まー減らない、減らない(笑)」。焼きそば、サラダ、パスタ、お好み焼き、味噌汁とひととおり調理し終わっても、まだ3分の1も残っているというキャベツバブルの状態に!
 というわけで、食材の買い物で苦労をしている「おひとりさま」も少なくありません。とくに、モヤシとかショウガなんて気づけば液化しかけてること、ありますよね。とほほ……。
 今回、ランキングを作成するにあたり、たくさんの「おひとりさま」女子にも話を聞いてみたのですが、みなさんが口にしていたのは“友だちについて”でした。というのも、「おひとりさま」に寂しさを感じるとき、それは「一緒に共有できる人が近くにいないとき」という声が圧倒的だったからです。
 だからといって、パートナーがいないことを嘆くわけではないのが今どきのステキな「おひとりさま」。旅行に行って美しい景色を見たときに「キレイだね」って言える相手、おいしいお料理に出会ったときに「おいしいね」って言える相手は、恋人や夫じゃなくてもいいんです!
 大切なのは、いつでも親身になってくれる友だちの存在。夜中に悩み事を聞いてくれるのも、遠く離れていてもネットでつながっていられるのも、心の距離が近い友だちだからこそ。フカザワさんも「飲み会の帰りにひとりになると急に寂しくなったりもするけれど、ブログやツイッターに返信があると、“ひとりじゃないんだな”って心があたたかくなります」と話します。そう、「おひとりさま」は孤独ではないんです!
 「おひとりさま」は生活上のすべてのジャッジが自分。お金の使い方も時間の過ごし方も、すべてが自由なんです。だからこそ、しっかりしていないとどこまでもグダグダになってしまう危険性をはらんでいる反面、好きなことには好きなだけ打ちこむことができます。
 フカザワさんの場合は、「彼氏がいないことで、仕事に打ち込めます!」と言います。「ラブラブ状態でも、ケンカ中でも、仕事に集中できなくて支障をきたしてしまいそうなので……」。
 そして、働く女子に心強いこんな名言も!「恋愛は、相手に尽くした分だけリターンがあるとは限らないけれど、仕事は、しっかりやった分だけ結果が必ず返ってくるものだと思いますよ」。なるほど、そう考えれば目の前の仕事もモチベーションを下げることなく取り組めそうです!
 いかがでしたでしょう、「おひとりさま」ランキング。フカザワさんの新刊には、まだまだ「それって、あるある!」な、楽しくて読んだ後に前向きな気持ちになれる「おひとりさま」のイラストとエッセイがたくさん描かれています。
 秋の夜長にぜひ、おすすめの1冊です!
フカザワナオコさんプロフィール
イラストレーター&マンガ家。
1973年生まれ、愛知県在住。雑誌や書籍にイラストやマンガを描くほかに、オリジナルキャラクター「おしゃれパンダ」の商品企画制作や個展開催などもおこなっている。日常のひとこまをマンガにした絵日記ブログ「ひとこま作者」は毎日更新中!



ttp://news.ameba.jp/allabout-pc/2010/11/88018.html

バブルの崩壊って結局みんなが他人任せにした結果というか、
人間って大勢になると本当後先考えずに駄目な行動とっちゃいますね。
誰かが何とかしてくれる、と思ってしますんですね。。
PICKUP
低価格の顧問税理士

素行が知りたい

盗聴調査 愛媛県

減らない借金なんとかしたい

i[アイ] 中古車 オークション

多重債務 返済相談 山口

下着用語[jaune brillant]

自己破産申立

自己破産「中央区」

全身脱毛<千葉>

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。