FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松嶋菜々子、アジア版「ゴースト」に抱く熱情の理由

松嶋菜々子、アジア版「ゴースト」に抱く熱情の理由
松嶋菜々子主演で、故パトリックスウェイジさんとデミムーアをスターダムに押し上げた「ゴースト ニューヨークの幻」のアジア版「ゴースト もういちど抱きしめたい」の製作決定は、大きな話題を呼んだ。韓国の人気俳優ソンスンホンを相手役に迎え、「眉山」以来3年ぶりの銀幕復帰となる松嶋が、男女逆設定という同作への強い思いを語った。

オリジナル版の公開当時、高校生だったという松嶋は、オファーを受けた当初のことを「あの『ゴースト』をやるんだ! と驚きましたね」と述懐。「眉山」以来となるこのタイミングでのオファーに、運命的なものを感じているそうで「今の私にこの話がくるのは、何かの縁だと思います。お話をくださった方々は、私で何かができると思ってくれているので、私にとっても何か新しい表現が出来るんじゃないかと感じました」と説明する。
男女が逆の設定になったことで、松嶋演じる会社社長の星野七海は、陶芸家志望の韓国人青年ジュノと運命的な出会いを果たす。幸せの絶頂のさなか、ある事件に巻き込まれて命を落としてしまった七海の魂は天国へ行かず、ゴーストとなって愛するジュノの側にとどまるが、その事件は悲しみに暮れるパートナーをも巻き込もうとする。
松嶋は今回、七海を演じて難しいと感じたシーンはなかったという。それは、アジア版「ゴースト」を「男女がともに互いを守り合いたい。それは、自分にも自然と守りたい存在があるから、何の違和感もなく演じられたのかもしれません」と分析することからもうかがえる。
37歳になった松嶋は、必死に過ごした20代とは異なる面持ちで女優という仕事に愛を感じている。「久しぶりに仕事を再開したとき、集中と同時に開放感があって『私、この仕事が好きなんだなあ』と思うようになりました。いろいろなことに感謝させてもらえるようになったし、生きがいでもありますから」。
だからこそ、アジア版「ゴースト」は松嶋にとって大きな意味をもつ。「20代は20代で走りきって、仕事をメインでやってきたからこそ30代がある。40代を意義深く生きるために、30代は仕事もプライベートも充実させたい。そのなかで、30代に積み上げるべき大事なキャリアだと思いましたし、30代での代表作になると感じています」



ttp://news.ameba.jp/eigacom/2010/11/88275.html

小学校とかでもすでに友達のグループとかありましたよね~~。
仲間はずれになる子は必ずいて、そういう子は確かに変わり者が
多かったように感じます。でも悪いとか言うことは全然なくて、
ちょっと人との付き合いが苦手なだけだったんだろうな。。

PICKUP
企業・信用調査[繊維製品]

借金 時効 内容証明

CX用語 値頃

山梨で販売の派遣

脱毛体験[青森]Vライン

プジョーの下取り

大江戸漫遊記

自己破産サポート

特定調停 裁判所

保険の種類

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。