FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一度でいいから住んでみたい! 実は魅力的な「オラが村」

一度でいいから住んでみたい! 実は魅力的な「オラが村」
今月も、また高い家賃を払わなければ……。都会の暮らしに疲れてくるころ、ふとよぎるのが田舎の穏やかな生活。緑が豊かで空気もおいしくて(なんたって家賃が安くて)。いつかは「村」でのどかな暮らしをしたい。そう思ったことはありませんか?
ああ、日本のどこかに、私を待っている「オラが村」はないものか!? 日本各地の面白い村をさっそく探してみました。
■100歳になると100万円が支給される!? 愛知県飛島村(とびしまむら)
名古屋港が近く、鉄鋼業や輸出産業などが盛んなため、村の税収入が高い「飛島村」。なんと中学校を卒業するまでは医療費が無料、100歳になると100万円が支給されるなど、福祉面が超充実! さらに、「飛島村立飛島中学校」では、中学2年生になると、村の全額負担でアメリカのカリフォルニア州などへ1週間の研修旅行が行われるそうな。緑あふれる景観はないものの、なんとも「豊か」な村なんです。
■長生きしたいなら長寿村へ 沖縄県大宜味村(おおぎみそん)
一年中屋外にいられるほど陽気な気候、海産物などの豊かな食生活、穏やかな自然! 一度住めば寿命だけでなく気も長~くなってしまいそうな「大宜味村」。沖縄に根付く、「ゆいまーる」という助け合い精神が深く浸透しているこの村では、村人の結束が非常に固いらしい。ちなみに、この村ではゲートボールが盛んで、昼間になると村中のゲートボール場はお年寄りであふれかえるのだとか。おじいちゃんおばあちゃんのやわらかな笑顔が目に浮かびますねぇ。
■出生率ナンバー1! ローカルヒーローの集結地 長野県下條村(しもじょうむら)
年々下がりつつある日本の出生率に反比例して、全国でも高い水準の出生率を誇る「下條村」。若い夫婦向けに作られた村営住宅は、2LDKで月3万6000円~とかなり良心的。さらに、中学校卒業までの医療費は村が負担するなど、子育て支援をいち早く充実させた村なんです。そしてもう一つの魅力は、下條村の地域活性化を守り、悪の組織「フキョーダ」と日々戦う「地域カッセイカマン」。毎年、全国のローカルヒーローが集まるイベントも開催されるゾ!
■日本一人口が多いマンモス村 岩手県滝沢村(たきざわむら)
もはや市と呼ぶにふさわしい人口を誇る滝沢村。推定人口は54,259人(岩手県発表の2010年8月1日現在の推定人口)と、岩手県の全市町村のなかでも7番目の人口を誇るそう。隣でドンと構える盛岡市のおかげで買い物などには困らないため、村は静かなベッドタウン。ちなみに「市」にならないのは、人口面以外で「市」となる条件をクリアしていないためなのだとか。たとえ人が多く便利な土地でもあくまで「村」という名前にこだわる人にオススメをしたいですね。
移住してくる人を受け入れるべくさまざまな「定住促進事業」を推進している「オラが村」も多いよう。移住体験ができる奈良県曽爾村(そにむら)や、「結婚祝い金」、「出産祝い金」が支給される沖縄県多良間村などなど、「村」が打ち立てる事業も盛りだくさん。東京で、高い家賃に首を絞められる日々を思うと……なんて魅力的なんだ「オラが村!」。ああ、だんだん「村」に住みたくなってきた!
(栗林弥恵/プレスラボ)


こちらもどうぞ


ttp://news.ameba.jp/cobs/2010/11/88326.html

「あっという間」といいますが、
あっと声を出すほどの短い間。一瞬の間。という意味です。
そう、そのまんまですwww

PICKUP
不倫調査を大分で依頼

借金返済

ネット懸賞で豪華賞品ゲット

心配ない脱毛

家出・失踪調査[東京]

中華 前菜の盛り合わせ

出雲大社

ちふれの化粧品をご紹介

ストリーム 中古車 購入

パートタイマー ガソリンスタンド

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。