FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツイッターの次のメディアとは?

ツイッターの次のメディアとは?
『BUZZ革命』井上理文藝春秋 アメリカの未来学者、アルビントフラーは著書『パワーシフト21世紀へと変容する知識と富と暴力』のなかで、政治、経済を中心とする権力構造の全てが崩れつつあり、「個人」へと権力の移行が進行する21世紀の様子を描き出しました。21世紀には個人の意識はますます高まり、ITやインターネットの進化普及にともなって、あらゆる産業が「非大量化」の波にさらされると説いたのです。
 ツイッターの登場と、爆発的な普及は、まさにトフラーの予言が具体化された現象にほかならないと、『BUZZ革命』の著者である井上理氏は言います。無数の「マイクロブログ」、無数のつぶやきによる集合体の中で、個人はチャンネルを集めるが如く、自由に自分なりのメディアを形作っていきます。
 だからこそ、大量生産の象徴であるマスメディアが、新しいメディアに介入し、新たなビジネスモデルを模索することは当然の成り行きなのでしょう。しかし、変化は激しく、ツイッターの次がすでに現れ始めています。
 ソフトバンクが約135億円を出資し、米グーグルも狙っているとされるソーシャルゲーム大手の「ジンガ」、コロプラのような位置情報サービスの「フォースクウェア」、設立2年で約320億円の売り上げがあると言われるクーポンサイトの「グルーポン」。米国ではこの3社がルーキーとして称揚され、ともに小売店や飲食店などのリアル店舗とユーザーをつなぐ架け橋としても期待が集まっているのです。
NEWS本の雑誌()→

ttp://news.ameba.jp/webhon/2010/11/88447.html

「異議異読」という言葉があります。
同じ漢字でも、意味の異なる場合に読みも違うという場合に使う。
ん~~、難しいですが、漢字は情緒があって好きです。

PICKUP
パピヨン[犬の知識]

鹿児島県で取り戻せるかもしれない過払い金

盛岡 転職 求人情報

浮気調査事例集

秋田で引越しの準備

いじめ調査

携帯調査 長野

失踪/家出調査 徳島

ブルドッグ[犬の飼い方]

煮え湯を飲まされる

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。