FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草食系男子の最新事情

草食系男子の最新事情
流行語となってから数年がたち、いまやすっかり定着した感のある「草食系男子」。でも、「イマドキ男子はそもそも草食」というところから話が始まることが多くなりました。そこでで草食系男子の最新事情をチェックしてみました。
 
「」
 
では、
 
   「草食系の攻略は、とりあえず安心させることです。まず自分の手の内をさらけだして、相手を安心させる。駆け引きはNGです。メールなど急かしたらダメです。会ったときに話せばいいんです」(sweettimereplayさん)
   「リードは女性から。さらっとしたお付き合いを重ねるのがべターでしょう。会う回数で仲が深まると言う感じなので、次の予定まで気が回らない(悪意はないです)ので、薄く長いお付き合いを」(conntian4さん)
 
   「デートの場所もあまり気取ったところではなく、安価な場所とかに誘ってみてはいかがですか? 男性にも負担にならない、割り勘でも安いところ」(5S6さん)
など、だいぶ研究が進んでいる印象です。
「」
では、大学2年生のイマドキ男子が、「肉食系の女の子から『あんたは草食系だから駄目なんだよ!もっとガツガツ行きなさい』って飲み会の席で軽く説教されるんです」と、不満を漏らしていますが、このような光景もよく見かけるようになりました。いっぽう、
「」
というニーズも高まっていますが、これに対しては、
   「身近にいる草食系男性についてお答えします。あなたのように真剣に出会いを求めていません! あくまでも、受動的です。白馬に乗った王子様が迎えにくるの逆バージョンである日、家に帰ったら可愛い女性が待っていて献身的に仕えてくれたら…と、おとぎ話のような事を言っています。自分の時間を大切に使っているので、他人に時間を取られるのを良しとは思っていないようです。ただ、女性に興味がないわけではないようですが、いつも受け身なので、当然話は先には進みません。ただ、気の強い女性もめんどくさい女性も嫌いなようなので、邪魔にならない女性がよいようです」(rose-waterさん)
 
と、冷静な指摘がなされています。
男性の「草食化」は一時的なトレンドではなく、社会背景の変化や情報技術の進歩など、多くの要因が絡み合って生まれた大きな流れです。
一部の女性たちが望むような「強い肉食男性の復活」はありえないでしょう。「草食系男子」などと取り立てて言うまでもない、ごくごく当たり前のことになる日も近そうです。
(IotaTatsunari) 


ttp://news.ameba.jp/oshiete/2010/11/89009.html

「後先になる」という慣用句があります。
後になったり、先になったりする。
二人が後先になって歩くとかいいますよね。
幸せの後先、、、、とか。。

PICKUP
過払い金請求

心筋梗塞 エイチ・エス損保

デート商法

おすすめB級グルメ「静岡 たまごふわふわ」

美肌の維持にコエンザイムQ10

アユタヤ

キャッシング取立て相談「岩手県」

CX用語 恨み相場

新潟で自己破産

理想の相手探し[CGデザイナー]

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。