FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の傑作はコレ!ロサンゼルス・タイムズお薦めの10本

今年の傑作はコレ!ロサンゼルス・タイムズお薦めの10本

2010年もあと1ヶ月と少し。全米で今年公開された映画の中から、<latimes.com>がお薦めの10本を紹介している。
1、『AnimalKingdom/アニマルキングダム』
2、『サイラス/Cyrus』
3、『GeniusWithin:TheInnerLifeofGlennGould』
4、『ザキッズアーオールライト/TheKidsareAllRight』
5、『MademoiselleChambon』
6、『プリンスオブブロードウェイ/PrinceofBroadway』
7、『ソーシャルネットワーク』
8、『ザティルマンストーリー/TheTillmanStory』
9、『トイストーリー3』
10、『スーパーマンを待ちわびて/Waitingfor‘Superman’』
まずは、アネットべニング&ジュリアンムーアの実力派女優がレズビアンのカップルを演じる『KidsAreAllRight』。人工授精で生まれた2人の子供たちと暮らしていたカップルが、実の父親(精子提供者)が現れたことで、思いもよらぬ変化に巻き込まれる様子を描いたドラマだ。長女を演じるのは、『アリスインワンダーランド』のミアワシコウスカ。人気映画批評サイト<RottenTomatoes.com>では、96%の高い支持率を獲得している。
お次は、数人の生徒の姿を通じ、アメリカの公立学校が抱える問題に迫った『Waitingfor‘Superman’』。今年のサンダンス映画祭でドキュメンタリー部門のグランプリに輝いたほか、米ベテラン映画評論家のロジャーエバートも満点に近い3.5点を付けるなど、話題を集めている。監督は『不都合な真実』のデイヴィスグッゲンハイム。
そのほかにも、オーストラリアのクライムサスペンス『AnimalKingdom』や、天才ピアニストのグレングールドに迫ったドキュメンタリー『GeniusWithin:TheInnerLifeofGlennGould』、アメリカで大ヒットを記録し、2011年1月15日より日本でも公開される『ソーシャルネットワーク』などが選ばれている。



ttp://news.ameba.jp/hottrash/2010/11/89253.html

「好い気味」といいますね。
気分が爽快である様子。良い気持ち。胸が透くような気持ち
。日頃不快に思ったり、仲が悪かったりする人の不幸や失敗
を喜ぶような時に使う。
いやー、良い言葉です、、、w

PICKUP
過払い「福井県」

消費者金融返済相談「山梨県」

鳥取 アルバイト 求人情報

ネット懸賞で豪華賞品ゲット

岐阜で会社設立~登記・法人化~

身近な税理士を探す[東京都 中央区]

山口の引越し費用の相場

素肌美人は自分で作れる

懸賞なら安心応募でお宝ゲット

堺市の仕事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。