FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゾンビの父ジョージ・A・ロメロ監督の幻の傑作、Jホラー風味でリメイク成功

ゾンビの父ジョージ・A・ロメロ監督の幻の傑作、Jホラー風味でリメイク成功

超名作ホラー映画を安易にリメイク、結果踏みにじるという事件が多発している昨今のハリウッドホラーリメイク産業。しかし中には映画『ヒルズハブアイ』などのきちんとした良作も少ないながらも存在している。11月13日公開の映画『クレイジーズ』もそんな1本だ。
オリジナル版は、ここのところ再評価も進みコンスタントに作品を世に送り出している“ゾンビの父”ことジョージAロメロ監督の非ゾンビ映画『ザクレイジーズ』。とある地方都市に謎のウイルスが蔓延する。政府は何の説明もなく住民を強制隔離。ウイルスに感染した人々の症状はさまざまで、誰が正常で誰が感染者なのか疑心暗鬼に陥りながらも、主人公たちは封鎖されようとしている街から脱出を図るというサバイバル劇。
リメイク版のストーリーはほぼオリジナルを踏襲しているが、ロメロ監督ならではの人間ドラマ部分は必要最低限に抑えて、スプラッター描写と感染者のヴィジュアル面を強化。男女4人の極限状態のサバイバルに重点を置いたストーリーもオリジナルと趣を異なる。それでは単なるスタイリッシュなだけの怖くないホラーなのかというと、まったくそうではない。昨日まで正常だった隣人がいきなり狂人になってしまう心理的ショックに加え、感染者なのかどうかもわからぬまま、疑心暗鬼にとらわれての一般人焼殺など、人間の不安が巻き起こす惨劇は結構ヘビー。
また、誰かがそこにいる程度でしか感染者を映さないJホラー風演出で仕掛けてくるかと思えば、感染者がいきなり襲い掛かってくるダイナミックな演出もバリバリ出てくるなど、気を抜けない作風も恐怖感をあおる。大味アクション映画『サハラ死の砂漠を脱出せよ』を撮った監督とは思えぬ力量を発揮した本作は、ロメロ監督も一応は認めてくれそうだ。ちなみにブレックアイズナー監督には映画『フラッシュゴードン』『ニューヨーク1997』のリメイク企画が今後用意されている。(石井隼人)
映画『クレイジーズ』は11月13日より、シネマサンシャイン池袋ほかにて全国公開
(C)2010OvertureFilm,LLCALLRIGHTSRESERVED.




ttp://news.ameba.jp/hottrash/2010/11/89288.html

「辺りを払う」という慣用句があります。
他を近くによせない。美麗、威厳などで周囲を威圧する様子。
堂々としている様子。
なんかオーラを感じる言葉ですね。

PICKUP
父の日 デコメ 待受け

サラ金相談「茨城県」

会社設立しよう!~長野県~

傷害保険 東京海上日動火災保険

探偵の調査 静岡

不当解雇にサービス残業

CX用語 玉不足

京都 自己破産

転職 モデル

破産につながるクレジット

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。