FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒼井優、初共演の江口洋介を絶賛するも「人の話を聞かない」と暴露

蒼井優、初共演の江口洋介を絶賛するも「人の話を聞かない」と暴露

映画「洋菓子店コアンドル」の完成披露試写会が新宿の明治安田生命ホールにて行われ、本作が初共演となる江口洋介と蒼井優、そして深川栄洋監督が上映前の舞台挨拶に登壇した。

撮影に入る前に蒼井と共に料理学校に体験入学し、何度もケーキづくりを体験したという江口だが、劇中はケーキを食べるシーンも多い。「監督からケーキを分析するように食べてくれと言われ、戸惑った」と言いながらも、心に傷を負った伝説のパティシエ役を熱演。そんな江口はワイルドな外見に反して、甘いものが大好きだという。お国入りのスイーツは、何層にも重なったミルクレープだとニコニコしながら明かした。
蒼井はもちろんケーキ好きかと思われたが、以外に「カキ氷が大好き!」と宣言。「死ぬ前に食べたいものは?と聞かれたら、サクラ味のカキ氷です」ときっぱり。そんな蒼井が撮影中に苦労したのは、鹿児島弁のイントネーション。「まるで外国語のような感じなんです」と苦笑い。毎日深夜まで鹿児島弁とクリーム絞りの練習に精を出し、役作りに没頭したという。「クランクアップしたときは、嬉しくて感無量だった」とプレッシャーからの解放感の喜びを述べていた。
以外にも初共演の二人。江口が蒼井について「イメードどおり、ナチュラルな感じ」と語れば、蒼井は江口について「男らしいイメージがありましたが、そのまま。器が大きくて、現場にいるだけでみんなが安心できた」とお互いの印象について語った。
仲がいいから話せるのか、江口が蒼井について「意外な一面があるんです。お酒をよく飲むんですね」と話すと、蒼井は「江口さんは、人の話を聞かないんです」と暴露し、江口をあわてさせていた。
脚本も手がけた深川監督は、二人の印象を「二人ともまじめだし、やりやすかった。芝居を始めるとみんながひとつのチームになれるのがとても早かった。それが、一緒に映画を作っているという楽しみにつながっていった」と振り返った。
和気あいあい、笑顔の舞台挨拶だったが、最後に江口が「人間ドラマのビターな部分とケーキというスイートな部分のバランスがいい、温かい作品になっています。心ゆくまで楽しんでください」と観客にメッセージし、終了した。
東京の街角にある洋菓子店を舞台に、元パティシエの男と鹿児島から恋人を追って上京した娘が、人生の挫折を乗り越えて再生していく姿を描いた感動ストーリー。劇中登場する数々の魅惑のスイーツが観るものを魅了する。
映画「洋菓子店コアンドル」は2011年2月全国公開予定。
■関連リンク
「洋菓子店コアンドル」作品情報
■関連記事



ttp://news.ameba.jp/mhollywood/2010/11/89478.html

まぁ私達一般庶民には直接関係のないお話ですかね。
それではノシ

PICKUP
盗聴を調べる

さいたまで会社設立~登記・法人化~

徳島で債務整理

賢い保険 鳥取

セレブな女性と恋愛ゲーム

群馬で引越しの準備

金沢市の求人

企業・信用調査[鉱業]

本格中華のデリバリー

不倫相手の特定をする方法は 浮気・不倫調査

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。