FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「20世紀最大の震災」を描く、本年度アカデミー賞中国代表作品が日本公開

「20世紀最大の震災」を描く、本年度アカデミー賞中国代表作品が日本公開
中国映画の歴代最高興行収入を記録し、本年度アカデミー賞中国代表作品に選ばれた「唐山大地震」の日本公開が決定した。
「20世紀最大の震災」と言われる唐山大地震は、1976年7月28日深夜に中国河北省の工業都市唐山市を襲ったマグニチュード7.8の直下型地震。死者24万人、重傷者16万人、震災孤児4200人以上という未曾有(みぞう)の被害を出し、わずか23秒の地震によって唐山市の民家の93%、工業施設の78%が崩壊した。
同作は、唐山で貧しいながらも幸せに暮らしていた家族が、地震によって過酷な人生を歩む姿を描く。父は建物の倒壊で命を失い、母は瓦れきの下で生き残っていた双子の息子と娘、どちらかひとりだけ救出できるという苦渋の選択を迫られる。母は泣き崩れながら息子を選ぶが、娘も奇跡的に助かり、養父母の元で育てられた末に、32年の時を経て親子の運命が大きく動き出すという物語だ。
「女帝/エンペラー」のフォンシャオガン監督がメガホンをとり、今年7月に中国で公開されると、3D大作「アバター」を超える約4億6000万円のオープニング興行成績を打ち立て、興収80.5億円、動員数2000万人(7月22日~9月19日累計)という記録を樹立。香港では中国映画として史上最高のオープニング記録を達成し、すでに公開されているニュージーランド、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシアでも好成績を記録している。今後は、北米、オーストラリア、イギリス、韓国での公開も控えている。
「唐山大地震」は2011年3月に日本公開。


(C)2010TangshanBroadcastandTelevisionMediaCo.,Ltd.HuayiBrothersMediaCorporation MediaAsiaFilms(BVI)Limited AllRightsReserved.
ttp://news.ameba.jp/eigacom/2010/11/89523.html

「頭を下げる」と言いますね。
お辞儀をする。頼む、相手の力に屈する、降参する。謝る、許しを請う。
感心する。といった意味ですね。頭が上がらないとかも似た意味でしょう
ね。あいつには頭が上がらないって言われたいな~。。いつかw

PICKUP
チャレンジャー 中古車 選び

チェリーランキング

婚活用語[セレブ]

にんいせいり もびっと

住宅火災保険

宮城で医療事務の派遣

脱毛【カポエィラ】

大阪 アルバイト 求人情報

借金滞納「静岡県」

山梨 アルバイト 求人情報

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。