FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『[リミット]』疑似体験のほしのあき、「男ならとにかく行動に打って出てほし~の!」

映画『[リミット]』疑似体験のほしのあき、「男ならとにかく行動に打って出てほし~の!」

その斬新なアイデアと高い完成度、そして衝撃のラストカットが今年の2月のサンダンス映画祭を震撼させた映画『[リミット]』の公開直前イベントが行われ、何者かに生き埋めにされてしまう主人公同様、特製の棺桶風木箱に入れられて映画の世界を疑似体験したグラビア界の“ロリエロ隊長”ほしのあきが、必死に脱出を図る主人公を男の手本と称えた。
本作は、理不尽にも地中に生き埋めにされた主人公が、充電が切れそうな携帯電話やオイルが尽きかけたライターなど、手元にある限られた道具だけを頼りに脱出を試みるという緊迫満点のスリラー。「今までにないタイプの映画!」と本作を推奨するほしのは、悲運の主人公を演じるライアンレイノルズの、パニくりながらも死に物狂いで外界と連絡を取ろうとする姿を観て、「絶望に負けない、勇敢な男性はステキですよね!」と絶賛! 最悪の状況下、わめき散らしながらも生きようとするタフネスが、女子的にはポイントが高いようで、「男性にオロオロされたら、こっちまで困っちゃうじゃないですか。どうせダメでも、とにかく行動に出てほしいですね」と男子には行動力が必須であることを力説した。
しかし、当の本人は生き埋めの状況には、「冷静でいられない」そうで、「パニックになって、泣いて、ドンドン叩いて終わってしまうと思います(笑)」と道具を使って脱出する以前の問題だとか。「そもそも携帯電話があっても自分のじゃなかったら相手の番号を覚えていないのでわからないですし、せいぜいかけられて110番ぐらいじゃないかな?」とリアルな回答で映画のシチュエーションを自身に置き換えて分析。それでも、「このままじゃ絶対に死ぬ! とわかったら親に自分の銀行の口座を教えたり、飼っている犬をお願いしたりしないといけないので、警察でも事務所でも友だちでも、とりあえずかけられるところには手当たり次第に全部かけると思います」と自身にもタフな一面があることを語った。
また、本作は人生をサバイブするヒントにもなるとほしのは続け、「生き埋めの彼じゃないけれど、ダメでも前に進まないとダメです。後戻りできないなら進み、そこでダメならまた頑張る。そういう人生の学びがあると思いました!」とポジティブなメッセージを受け取ったというほしの。人生のヒントもGETできる本作だが、映画の結末ははたして!?
映画『[リミット]』は、2010年11月6日(土)より、シネセゾン渋谷ほか全国順次ロードショー



ttp://news.ameba.jp/hottrash/2010/11/89549.html

人に前世があるって信じますか?
私はどちらかというと非科学的なものは信用していません。
でも前世や来世があると思った方が気持ち楽に生きられるのは
確かですね。人が苦しみを和らげる為に作った概念ではないかと
私は考えています。


PICKUP
長野市の仕事

「天空の城ラピュタ」おすすめの映画情報

個人年金 SBIアクサ生命保険

すごいフカヒレ

専門家によるストーカー調査

債務相談「福島県」

ジャガーの買取り

岐阜の引越し見積もり相場

法テラス

出会い系サイト被害

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。