FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界のセレブが集う、美しすぎる豪華客船の旅

世界のセレブが集う、美しすぎる豪華客船の旅

 誰もが一度は夢見る豪華客船クルーズ。そんな夢をかなえてくれるのが、なんとモナコの個人オーナーが保有するという「シルバーシークルーズ」の6隻の豪華客船だ。中でも人気が、雲上に浮かぶ銀嶺のような端正なシルエットの「シルバースピリット」。また、来春には日本に寄港する、その姿も優美な「シルバーシャドー」の2隻。贅を尽くしているだけに確かにいいお値段なのだが、料金がドル建てのため円高の今は大きなチャンスだ。
 「シルバースピリット」の純白の船体が、スペインのバルセロナ港から処女航海に旅立ったのは2009年12月のこと。世界最高峰のクルーズ、シルバーシー社が満を持して世に送り出した、最新鋭豪華クルーズシップだ。総トン数は3万6000トン。乗客定員は最大540名。その乗客の多くが世界中から集まったセレブ達。欧米人を中心に20カ国以上から集まり、日本からの参加者もカップルや親子、あるいは女性一人の利用などもあって、徐々に増えているという。
 一見、大型客船に見えるが、乗客定員が5400名のメガシップも存在する今となっては、同船は小型船に属する。日本での代理店業務を務めるインターナショナルクルーズマーケティングの中川節子代表は「ただし、乗客一人当たりのスペース率は世界最高レベルの67トンを誇っている。船体が小さい以上に乗客定員が少ないからこそ、クルーによる洗練されたサービスが細部にまで行きわたる」と述べる。大型旅館と比較した、離れが数室しかない旅館のサービスの良さにも通じるだろう。しかも客室の95%以上がプライベートベランダ付きのスイートというのも、客船として画期的な試みだ。
 船体の豪華さだけでなく、その魅力は「優雅さを極めた〝流儀〟がある」ことだ。たとえばシルバーシーの客船は、チップを含めすべての費用が基本料金に含まれる方式を採用。これは効率性の追求だけでなく、船内で「無粋な気遣いは無用」というエレガントな流儀の証しでもある。
 他にもルームサービスが24時間体制であったり、バトラーサービスが配されていたり、室内には自分の名前が刻印された専用のレターヘッドが用意されていたりと、微細な心づかいがある。調理人も超一流。料理に贅を尽くしているのは当然だが、日本人には嬉しいジャパニーズを取り入れたアジアンフュージョン「セイシン」も併設。770㎡の広大なスパ施設には、ベーシックなメニューはもちろん、アンチエイジングの施術をはじめ、ボトックスや針治療、中国漢方プログラムまで用意されている。
 「カリブ海&メキシコ」「北欧&バルト海」などさまざまなクルーズが用意されているが、圧倒的な人気は「地中海」クルーズ。気になるお値段は多彩なクルーズと8種類に分かれる部屋の組み合わせによって100通り以上にもなるが、たとえば地中海クルーズの場合、2名利用のケースで一人当たり4710ドル(約39万円、1ドル=82円換算)~3万3595ドル(約275万円)。料金にはスパやオプショナルツアーなどの費用を除いた、船内のすべてのサービスの利用料金が含まれる。
 最上級の「オーナーズスイート」は、広さ150㎡、チーク材使用の広いプライベートベランダ、大理石のタブ付きバスルーム2カ所etc.etc…、説明するとキリがないが、その仕様は船室というより一流ホテルのスイートにも匹敵する。「クレジットカードで支払って、ポイントをためる方も多い。また、リピーターが多いのがこのクルーズの特徴。船内で次のクルーズの予約をする方もいるし、その方々の口コミでまた参加者が増える」(中川氏)とのことだ。
 来春に日本に寄港する「シルバーシャドー」は、総トン数2万8000トン、乗客定員382人。こちらも一人当たりのトン数が大きく、広くゆったりとしたスペースで贅を尽くしたサービスを味わうことができる。日本に寄港するのは4月15日からの香港~東京(12泊13日)を皮切りに、4月27日からの東京~上海、5月7日からの上海~東京の計3クルーズ。ちょうどゴールデンウィークと重なるが、GW割増料金などというものはない。そのシルバーシーならではの細やかな心遣いは「シルバースピリット」となんら相違なく、日本人コーディネーターが乗船するので言葉の心配もない。
 途中寄港した都市には、それぞれ多彩なオプショナルツアーが用意されている。また船内では「ウェルカムパーティ」、連日の「ディナーショー」、専門家による「寄港地のレクチャー」、ゲストシェフによる「お料理教室」、「フェアウェルパーティ」とイベントが盛りだくさん。移動のスピードを争う現代にあっても、船内に〝退屈〟の二文字は無い。
 お値段は5918ドル(約49万円)~5万995ドル(418万円)まで、部屋の選択によって10通り。なお、最も部屋数の多い「ベランダスイート」で1万8495ドル(約152万円)となっている(11月現在の価格設定、2名利用時一人分)。「オンラインで予約状況を逐一確認しているが、アジアのクルーズでも欧米のお客さまから先に予約が入り始める」(中川氏)とのこと。なお、シルバーシーでは最初のクルーズが終わると同時に「ベネチアンソサエティ」のメンバーとして自動登録される。それによってメンバーだけの特典を受けながら、世界中のクルーズを優雅に楽しむことができる。



ttp://news.ameba.jp/yucasee/2010/11/89747.html

パニック映画観てたら本当地球の終わりは近いなって気になってきます。
何とかしないと地球は終わり、何とかなるのかどうかもわからない。。
宇宙へ移民するとしてもまだ先の事だろうし、、どうなる人類!!w

PICKUP
沖縄の司法書士

ポーラの化粧品を注文

ポーラの化粧品をネット通販

トヨタの中古車

リクルート モデル

多重債務者「港区」

├プレイステーション

美肌脱毛

破産のやり方 山梨

電通ヒューマンリソース 求人

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。