FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「24」K・サザーランド、フィナーレを迎えて「全てが誇り」と振り返る! 映画化にも言及

「24」K・サザーランド、フィナーレを迎えて「全てが誇り」と振り返る! 映画化にも言及

16日、海外TVシリーズの金字塔「24」ファイナルシーズンのプロモーションのため、5年ぶりに来日した主演のキーファーサザーランドが会見に登場。また、一般公募から選ばれたファン24名を招待し「ファン感謝祭」を行った。キーファーは、ファンへの感謝の気持ちを込めたサプライズ企画に参加するだけでなく、噂が囁かれる映画化の話についても言及した。

握手喝采の中、会見に登壇したキーファーは最初に、「『24』は自分のキャリアと人生にとって大切な仕事になった。きっかけは日本での成功だった。心の底から応援してくださったことに感謝したい」と丁寧に挨拶。そして「全てが、誇りだ」と振り返り、感慨深げな表情を見せた。
足かけ10年に渡り一貫して同じクルーで撮影してきたという「24」。クラップアップを迎えた時には感傷的になり、込み上げるものがあったという。その時の心境を「6カ月前から最終日は来ると心の準備をしてきたつもりだったが、これまでに16組のカップルが誕生し、30人の子供が生れ、立ち会ってきたから、スタッフと家族以上の絆が生まれていたので、この映画化があるので『24』が終わるというより、テレビシリーズをずっと一緒に作ってきたクルーとの別れが辛かった」と述懐し、「人生の原動力だった」と胸の内を語った。
そしてファンにとって気になる映画化の話については、「ドラマはリアルタイムなのでアメリカから日本に移動するということは、それだけで14時間使ってしまう。ドラマでは不可能だが映画では可能。ドラマと違った面白さが生れてくるだろう。ただドラマと同じなのは、ジャックがひどい状態に追いやられてどう乗り越えていくか、ということだ(笑)」と映画化を期待させるコメントで会場を沸かせた。
そして、イベント最後に、自らが抽選で選んだファンひとりに、ツーショット写真とサイン入りの特製パネルを贈呈。サプライズ企画でファンを喜ばせた。
ファイナルシーズンの舞台はニューヨーク。病気療養を終えたジャックは、再びテロの脅威に直面し古巣に戻り最後の24時間の戦いに挑む。過酷な人生を歩んできたジャックバウアーに、どのような幕引きが用意されているのか。
■関連記事



ttp://news.ameba.jp/mhollywood/2010/11/90123.html

「辺りを輝かす」という慣用句があります。
その人から光が出て、辺りを照らすように感じられるという意味。
人格、服装、様子などが立派で、素晴らしいこと。
まんまですね~。

PICKUP
リクナビ 派遣社員の保険

債務整理[ツアーコンダクター]

アイリッシュ・セター[犬の飼い方]

トヨタ ヴォクシー 買取・査定

返済がつらい 石川

借金取立て「大阪府」

架空請求詐欺/詐欺被害を防ぐ

消費者金融取立て相談「秋田県」

返済苦「長野市」

CX用語 日足

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。