FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽井沢別荘ライフのトレンド推移

軽井沢別荘ライフのトレンド推移

 19世紀終わりに宣教師が初めての別荘を建てて以来、日本屈指の避暑地別荘地として揺るぎない地位を築いてきた軽井沢。1998年の長野オリンピックを機に、長野新幹線上信越自動車道という交通インフラが整い、時間的距離も身近なリゾートとなった。こうした環境変化によって、従来とは異なる魅力を新たに見出して、別荘ライフを楽しむ人たちが増えている。そこにはもはや〝避暑〟だけではなく、春夏秋冬を通じで別荘ライフを楽しむ新しいスタイルが浮かび上がる。
 軽井沢の別荘ライフのトレンドは、次のように時代とともに変遷している。軽井沢の別荘の総合情報サイト「軽井沢 別荘Navi」を運営する星野リゾートに聞いた。
 「避暑地軽井沢」からの脱却が始まった黎明期。新幹線で首都圏に通勤する移住組や、一年を通じた週末ハウスとして利用する形態が新しいライフスタイルとして注目され始めた。東京ではなかなか実現しない、こだわりのファーストハウスを軽井沢に建てる人々も増えた。
 2004年後半から、都心部のマーケットに連動して軽井沢の地価も底値を打ち、景気動向に敏感な顧客の引き合いが増した。多忙なビジネスマンにとって、自然豊かな環境での週末のリフレッシュはとても重要。時間的距離が短く、都市機能が整っている軽井沢は最も身近なリゾートとして注目され、必然的に「マルチハビテーション」「デュアルライフ」を楽しむ人々が増えてきた。
 豊かな自然、都市機能に加え、別荘文化の歴史を背景にしたコミュニティの存在も軽井沢の特徴。忙しい東京ではなかなか会えない人たちが集まることができる特別な場所であると言える。2006~07年にはバブルが囁かれもしたが、かつてのような投機的な動きよりも、実需=別荘建築のための購入が主流であったことは、軽井沢の別荘地としてのポテンシャルの高さを示している。景気回復に伴いマンション開発も活発になり、流入者が更に増える一方で、改めて環境を守るためのルール整備も進んだ。
 2007年後半からサブプライムローンの問題が顕在化すると、上昇基調だった相場も落ち着きを取り戻した。景気の先行き不透明感から一部買い控えのムードはあったが、実需に基づいた確かなニーズに下支えされ、取引は堅調に行われていた。2008年秋のリーマンショック以降、景気の後退感を受けて動きが極端に鈍くなっていたが、2009年の年明け頃から部分的に動きが出始め、2010年に入ってからは、今が買い時であると判断する人が増えたようだ。
 現在、軽井沢の別荘ライフを楽しむ層は、大まかに次のように分類できる。
 フロー資産が豊富なリッチ層。海外でのリゾートライフ体験が豊富で、ホテル仕様のハイエンドな別荘を建てている。プライベート利用に加え、ビジネス的な集まりや華やかなパーティーを開催するなど、迎賓館としての機能も。現在の軽井沢別荘社交界をリードしている。
 夫婦共に平日は多忙で、週末のプライベートリゾートとして別荘を利用し、家族や気のあった友人達とプライベートに楽しむスタイル。利用価値にもっとも重きを置き、冬も高い頻度で利用。小さな子どものいる家族にとっても、軽井沢の家で過ごす時間は大きな価値を持つ。都心の高級賃貸マンションに居住する外国人エクスパッド層も、理想の週末ハウスとして軽井沢の別荘を購入。もともと彼らにとっては週末を自然豊かな環境で過ごすライフスタイルは自然なことであり、加えて、軽井沢が資産としても価値あるリゾートと評価している。
 リタイアメント後には東京と軽井沢の自由な二重生活を楽しむことを目論みながら、当面は週末ハウスとして利用する形態。ニーズは増大しているものの、総予算3000~4000万円程度で考える層が多く、敷地面積の最低限度(1000平米)が定められている軽井沢においては土地の総額が張るために、相対的には大幅に増えてはいない。敷地選びも建物も、機能性や使い勝手の良さを重視する層。
 また、別荘の適地にも、時代とともに変化がみられる。

 別荘の適地にも、時代とともに変化がみられる。各地区別に見てみることにする。
 避暑地軽井沢の象徴的なエリアであるが、生活環境とインフラ整備は夏向けであり、ステイタス性は保ちつつも、一年を通じて快適に過ごしたい、という昨今のトレンドには今ひとつ合致しない部分がある。近年、アウトレットと旧軽銀座を中心に一大ショッピングゾーンとなり、観光客の喧噪が敬遠される面も。
 アクセスも良く、平坦で比較的ゆとりある敷地に大きめの建物が建ち並ぶトレンディなエリア。明るくて爽やかなイメージは点在するゴルフ場のお陰か、フェアウェイビューの敷地は希少性大。近年価格が上昇したこともあり、売り物件情報が少ないのが難点である。
 軽井沢の中でも、一年を通じて過ごしやすい(碓氷峠からの霧は旧軽井沢に滞留しやすく、中軽井沢は相対的に湿度が低い)エリア。管理者のある別荘地が多く通年の利用勝手が良いこと、相対的に地価が低いためにゆとりある滞在空間を得やすいことから、別荘の利用価値を重視する層が検討しやすい。一年を通じて営業しているお店や温泉があり、スーパーなどの生活利便施設が集中している点も魅力。



ttp://news.ameba.jp/yucasee/2010/11/90299.html

なんかふと思うんですが、自分はいつ死ぬのかな~~~なんて、、ww
物事にはいつか終わりが来るんですもんね~。
人気漫画の最終回はがらになくいつも涙ぐんでしまうんですよねぇw
ワンピースなんて毎回泣いてますからね!!w
有終の美といいますもんね!終わりがあるから物事は美しいんですよ。。


PICKUP
宮城で加工・組み立ての派遣

青森で単身の引越し相場

個人年金 あいおい損保

ミラの愛車買取

破産相談「静岡県」

パジェロ 中古車 高額買取り

浮気調査の依頼

郵便物転送先調査

浮気の悩み

FXで稼ぐ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。