FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画版「ワンダーウーマン」ヒロインはアンジェリーナ・ジョリー!? 監督が願望明かす

映画版「ワンダーウーマン」ヒロインはアンジェリーナ・ジョリー!? 監督が願望明かす

幾度となく映画化が噂されながらなかなか実現しないアメリカンコミックスの代表作「ワンダーウーマン」。先日、同作のテレビシリーズ版のリメイクがデヴィッドEケリーを製作総指揮に迎えて製作されることが発表されたが、ほぼ立ち消えとなっていた映画版の監督ジョスウェドンもヒロインのキャスティングについて口を開いた。

「ワンダーウーマン」は、1941年にウィリアムモールトンマーストンによって原作が誕生したアメコミ出版社DCコミックスの代表作。70年代後半にテレビシリーズが製作され、元ミスアメリカのリンダカーター演じるセクシーな鉄腕美女ワンダーウーマンは大人気となったが、映画化は「スーパーマン」や「バットマン」など他のスーパーヒーローものに比べてなかなか進まなかった。
2005年にようやく「バフィー~恋する十字架」のクリエーター、ジョスウェドンが映画版の脚本と監督を手掛けると発表されたが、その後ほぼ立ち消え状態に。しかし、主人公ワンダーウーマン候補には様々な女優たちの名前が噂されており、これまでにもジェニファーラヴヒューイット、サンドラブロック、歌姫ビヨンセやミーガンフォックスなどの名前が挙がってきた。
しかし、すでに脚本を書き終えているジョスウェドンが思い描いているのは、あのアンジェリーナジョリーなのだそうだ。
「私が思い描いたワンダーウーマンはアンジェリーナジョリーなんだ。彼女は世界中を飛び回っているし、さまざまな国で仕事をしている。非常にグローバルな女性だ。強い正義感も持っているしね」。
もしウェドンの願望通りハリウッド一の売れっ子アンジーがワンダーウーマンを引き受けたら、この企画も一気に進展しそうなものだが…?
■関連記事



ttp://news.ameba.jp/mhollywood/2010/11/90374.html

「仇を鬼に作る」と言う言葉があります。
自分に害を与えるものを更に恐ろしい鬼の姿に作るという意味では、
とても悪い状況、そら恐ろしい状態を喩えていう。

PICKUP
消費者金融取立て相談「三重県」

青森 転職 求人情報

日産『ティーダ』の中古車査定や買取

CX用語 受け腰

不倫相手調査 [塾講師]

債務返済「福岡市」

長野 自己破産

香川県のリクルート

個人年金 SBI損保

返済滞納「和歌山県」

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。