FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝島社「電子書籍に反対」と宣言

宝島社「電子書籍に反対」と宣言
『電子書籍の正体(別冊宝島)(別冊宝島ノンフィクション)』宝島社 出版各社が電子書籍の本格参入に乗り出すなか、新聞にこんな一文が掲載されました。
 「宝島社は、電子書籍に反対です。」
 
 これは、緊急出版と銘打って今月13日に発売された、別冊宝島『電子書籍の正体』の広告のキャッチコピー。本書には、直木賞作家宮部みゆきのインタビュー「私が電子書籍に積極的になれない理由」や特集「電子書籍が儲からない6つの理由」などという見出しが並んでいます。
 
 出版不況と言われる昨今にも関わらず、好調な業績を記録し続ける宝島社。今年は「電子たばこ」や「美顔ローラー」がついた新しいスタイルの本がヒットし、それぞれ、210万部、160万部のベストセラーに。先月は女性ファッション誌を2誌創刊しています。
 そんな宝島社が、電子書籍に対しては「NO」と宣言。しかも本書の発売は、出版各社が参加した「電子書籍コミックサミット in秋葉原」の開催中でした。これは次々に電子書籍に参入する他社との違いを明確に表した結果と言えそうです。宝島社は今後もこの立場を維持していくのか、これからの展開に注目です。

BOOKSTAND()→

ttp://news.ameba.jp/webhon/2010/11/90395.html

「秋を吹かす」という言葉があります。
男女間の愛情が、冷めてきた事の喩え。。熱を持つものはいつかは冷める
のは自然の摂理ってやつですが、それでもまた新しいものを求める、それ
は人間の正しい姿だと思います。
が、やはり人間には思いやりとか理性とか理屈ではない気持ちの部分があります。
いくら正しくたって権利がなくたって、気持ちがあればそれを実行することが
できるのが人間のキセキを起こすことのできる力の源なんですよね。


PICKUP
婚活神社で神聖な出会い

家出人捜索の依頼

女性に人気の脱毛サロン

悩める借金返済

地震保険 オリックス生命保険

借金苦「北九州市」

キャッシング返済相談「青森県」

通販!結婚式用ボレロ

カラコンを激安価格で手に入れる!

アンチエイジングするならカネボウの化粧品

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。