FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家でも外でも大画面でテレビを 東芝のポータブルDVDプレイヤー

家でも外でも大画面でテレビを 東芝のポータブルDVDプレイヤー

DVDソフトやテレビ番組を、どこでも自由に楽しみたいというニーズは高い。東芝は、このようなニーズンいあわせたレグザポータブルプレイヤーとして、9V型「SD-P96DT」、7V型「SD-P76S」を12月中旬に発売する。いままで東芝ではポータブルDVDプレイヤーのブランドを「ポータロウ」としていたが、今回から液晶テレビと同じ「レグザ(REGZA)」で統一することになる。
ポータブルDVDは、パナソニックやソニーなどからも発売されている。たとえば、パナソニックではブルーレイディスクに対応するなど個性を出している。今回、液晶テレビブランドと同じ「レグザ」にすることで一気に認知を広めようとしている。
「SD-P96DT」は高精細9V型LEDバックライト液晶を搭載し、高画質でDVDを楽しめるようになっている。地デジチューナーとワンセグチューナーを内蔵したことで、自宅では高画質な地上デジタル、外出時にはワンセグと視聴場所によって使い分けられる。ディスプレイは180度回転するフリースタイルタイプ、操作は静電スイッチセンサー方式と、快適に使えるようにこだわっている。付属のバッテリーパックで、約6時間のDVD連続再生も可能となっている。
「SD-P76S」はバッテリー内蔵タイプのため携帯性に優れ、約3時間のDVD連続再生が可能となっている。体外観にはやわらかで深みのある「ココナッツホワイト」、鮮やかで光沢感のある「フランボワーズピンク」、スマートで洗練された「ブルーベリーブルー」、みずみずしくさわやかな「マスカットグリーン」の4色のカラーバリエーションが豊富なことも特徴だ。
「SD-P96DT」「SD-P76S」とも、SDカードとSDHCカードに対応し、デジタルカメラで撮影したJPEG画像や、DivXなどの動画ファイル、MP3やWMAといった音楽ファイルなどが再生できる。
東芝(2010-03-26)
販売元:Amazon.co.jp
全文
ITライフハック 11月19日09時00分


ttp://news.ameba.jp/ithack/2010/11/90487.html

「当て馬」といいます。
牝馬の発情を調べたり促したりするために、牡馬を近づけてみること。また、
その牡馬。転じて、相手の様子を探る為に仮の者を前面に出すこと。また、
その者。つまり特攻隊長みたいな感じですねw違うか?w

PICKUP
過払い 時効

福島県のリクルート

鹿児島 アルバイト 求人情報

任意整理「熊本県」

税理士選びのポイント【栃木】

借金を一人で悩まない和歌山県

盗聴されてるかも!?

GReeeeN

盗聴器の探知機

大分県の転職

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。