FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カトリーヌ・ドヌーブ、ジェラール・ドパルデューとの本格ダンスに大汗

カトリーヌ・ドヌーブ、ジェラール・ドパルデューとの本格ダンスに大汗
カトリーヌドヌーブ主演の新作「しあわせの雨傘」が2011年1月8日に日本公開される。本国フランスで11月10日に公開されて、初登場第1位を記録。ドヌーブが、「8人の女たち」以来8年ぶりにフランソワオゾン監督と顔を合わせた作品だ。

朝のジョギングを日課にする平凡な主婦スザンヌ(ドヌーブ)は、夫の急病を機に、雨傘工場の経営を任されることになるが女性ならではの感性で、傾きかけた工場は大繁盛。人生の喜びに目覚めるというコメディタッチの人間ドラマに、ジェラールドパルデュー、ファブリスルキーニ、ジェレミーレニエらが共演している。
誰から愛される魅力的な主人公を演じたドヌーブは、「コメディというのは瞬発的なエネルギーが必要。相手役の俳優と演技をともにするときに、自分の演じるキャラクターのあり方にとても注意を払わなくてはいけないし、集中力も必要とされる」と持論を展開。そして、「自分がどう演じるかだけでなく、シーン全体のことを考えて、その中で自分がどういう役割を果たすのかということを考えるようにしていたわ」と振り返る。
深い信頼関係で結ばれているオゾン監督との撮影。ハードワークながら、現場にはいつも楽しい雰囲気が満ちあふれていたという。「オゾン監督は、人を見る目や物語を見る目がすごく独特。基本的には皮肉っぽい見方をしているけれど、ちゃんといろいろな想像力を働かせながらものを見ることができるの。彼はカメラワークも全部把握しているし、常に俳優の近くにいてくれる存在ね」
劇中で、ドヌーブが元恋人役を演じるドパルデューとカメラ目線でコミカルなダンスを披露しているのも見どころのひとつ。「あのシーンは本物のナイトクラブで撮影していて、恐ろしく暑い場所だったの。特にジェラール(ドパルデュー)は暑いのが苦手なのに、本番ではジャケットまで着なくてはならなかったから、本当に大変だったみたい」。そして、さらに大変だったというのが「振り付けね。まさか、こんなに本格的なダンスシーンだとは思ってなかったのよ! あまりリハーサルに時間を取れなかったから、練習も充分でなくて。カメラの向こう側で振り付け師が背中向きで同じ踊りをしてくれて、私たちはそれを見ながら踊ったのよ」



(c)KazukoWakayama
ttp://news.ameba.jp/eigacom/2010/11/90568.html

地球温暖化が進んでる昨今ですが、冬は外に出たら寒いし、夏はと言えば暑いのも嫌だ、、www我がままですけど、やはり快適な気温が一番に決まってますよね!!

PICKUP
コンカツ[真剣な出会い]

サラ金借金「富山県」

宮城 パート 求人情報

高知 借金返済方法

借金支払い「大阪府」

プライバシー保護重視の脱毛サロン

安心で低価格の顧問税理士

借金返済「岡山市」

税理士を検索 京都市西京区

携帯電子コミック情報

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。