FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゲゲゲの女房」監督、吹石一恵に1000本ノックのような演出

「ゲゲゲの女房」監督、吹石一恵に1000本ノックのような演出
人気漫画家水木しげるの妻、武良布枝さんのエッセイを映画化した「ゲゲゲの女房」が11月20日、23スクリーンで封切られ、主演の吹石一恵、宮藤官九郎、鈴木卓爾監督が東京新宿武蔵野館で初日舞台挨拶を行った。

布枝夫人がつづったエッセイ「ゲゲゲの女房 人生は…終わりよければ、すべてよし!!」を原作に、お見合いで出会って5日後に結婚した水木夫妻が、ぎこちなさと貧窮にあえぐ生活のなか、ひたすら漫画を描き続けて支え合う姿を描く。
吹石は、「自分の子どもが成人式を迎えた気分」と感慨深げ。「半分以上は(宮藤と)目も合っていないので、撮影中は常に夫の姿をじっと見たり、感じ取ろうと集中していた。布枝さんは漫画を描き続けるしげるさんの背中を見続けたそうですが、私も宮藤さんの背中を信じ続けた」と振り返った。
宮藤は、「台本に脈絡なくワハハと書いてあって戸惑ったが、実際に水木さんにお会いしたら、そういう人だった」。鈴木監督について「的確でストレート。正しいことを必ず言ってくれた」と信頼を寄せる一方で、「吹石さんにはハードに演出していましたね。それに応える吹石さんもすごかった」と暴露。当の鈴木監督は、「吹石さんには体育会系のノリで、1000本ノックのように厳しかった。つらい目にあわせたかな……」と恐縮しきり。そして、「原作と出合って2年半。ようやく今日を迎えることができた」と万感の面持ちだった。



ttp://news.ameba.jp/eigacom/2010/11/90674.html

一度でいいから外国行ってみたいなー。。
行くんだったらヨーロッパですね!綺麗そうだし、自然もたくさんありそう
。いつかは金を貯めて行くぞ!
そして将来は海外で生活だw

PICKUP
母子家庭に迫る借金の危機

債務整理[家具]

引越し業者を探す

債務返済「埼玉県」

借金整理「千葉市」

福岡県で多重債務の相談

CX用語 売買差損益金

盗聴器 調査 福井

東京メトロ有楽町線新木場駅

消費者金融の借金で相談

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。