FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リビングで勉強することの効果

リビングで勉強することの効果

 最近、子どもの勉強はリビングでと考える家庭が増えており、こうした傾向は、住まいや学習机のスタイルにも反映されています。
 家具メーカーからは、リビングダイニング(LD)向けの学習机が販売され、不動産業界からは、LDに食事をするテーブルとは別に勉強スペースを設けたスタイルのマンションも販売されています。
 LD向け学習机の特長は
*LDに置きやすいように奥行きを浅くする
*圧迫感の無いように棚を正面ではなく側面に設ける
*LDの雰囲気を壊さないデザイン
 などです。
 小学校の低学年や中学年の子どもは、一人でいることが怖いのです。みなさんも子どもの頃、夜一人でトイレに行くのが怖かったり、お風呂に入るのが怖かった経験があると思います。
 夜、自分の部屋で勉強机に向かい、ひとりで勉強していても、怖いことが気になって集中できません。それに対し、家族の声や物音が聞こえるリビングダイニングでは、安心感から集中力が高まります。
 また、子どもは分からない問題をその場ですぐに教えてもらうことができ、宿題をその場で親と一緒に見直し、間違っているところを直すことができます。
 一方親の方も、子どもが勉強している様子を見ることができ、何が苦手で何が得意かがわかります。そして勉強に身が入っていないようなら、「ここまでできたら、そのあとお父さんと一緒に遊ぼう。だからあと少し、頑張れー」などと励ますことができます。
 子どもが今どんなことを勉強しているのかを知ることもできます。そうすると、毎日の生活の中で授業内容と関連することがらを見つけることができ、学習内容を広げ、深く掘り下げることができます。
 実際成績優秀な子どもは、聞いてみると、リビングで勉強しているケースが多いようです。東大生のアンケートでも、合格者の半数がリビングで勉強していたというアンケート結果が出ているということです。
 地球儀や図鑑を置いたり、世界地図、日本地図を貼るなどして、TVで出てきた地名の場所をすぐに確認できるようにしたり、わからない事柄をすぐに調べられるようにしておきましょう。
 LDで勉強している場合、LD用の学習机ではなく、食事用のテーブルで勉強をしているケースも多いかと思いますが、そうしている家庭で、困っていることと言えば、テーブルの上が参考書や問題集でいっぱいになっているので、食事するときに問題集や参考書やプリントなどを端っこに寄せて食事したり、床に降ろして食事をしたりしているといいます。
 対策としては、勉強道具を入れる大きなかごかボックスを用意しておくといいですね。
 とても大切なことは、勉強している子どもをほめることです。
 たとえ、リビングで勉強していても、叱ってばかりでは逆効果です。頭ごなしに「こんな漢字も書けないの?!」「こんなことも知らないの?!」「計算遅いね!」などと言われたら、「勉強=苦手なもの辛いこと」と記憶され、勉強が嫌いになります。
 それに対し、「計算、早いね」「丁寧に字を書くんだね。読みやすいね」「頑張ってるね」などと、何でも気付いたことをほめることで、「勉強=得意なもの楽しいこと」と記憶され、勉強が好きになります。
 ほめることが勉強に良い影響を与えるだけでなく、親子間にも良い影響を与え、親子の信頼関係を深めることにつながります。



ttp://news.ameba.jp/allabout-pc/2010/11/90621.html

最近食欲がなくって心配です、、、自分が、、、www
あ~~、腹減った、、、、w

PICKUP
草花木果の化粧品でメーキャップ

手相 占い

婚活用語[お金持ち]

借金したら任意整理

借金金額 司法書士

返済苦「静岡県」

清水 楓 アイドル情報

守ってますか?利息制限法

借金整理「山梨県」

所得保障保険

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。