FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「トラウマになりそう」な恐怖に観客騒然。人気ホラー続編が満足度首位に

「トラウマになりそう」な恐怖に観客騒然。人気ホラー続編が満足度首位に

雑誌「ぴあ」調査による11月19日、20日公開の映画の満足度ランキングは、低予算ながら世界中でヒットを飛ばした密室ホラーの日本版続編『パラノーマルアクティビティ第2章/TOKYONIGHT』がトップに輝いた。2位に彫刻家イサムノグチの母、レオニーギルモアの生涯を描いた『レオニー』が、3位に人気ファンタジーシリーズの最終章『ハリーポッターと死の秘宝PART1』が入った。
(PC)
1位の『パラノーマルアクティビティ第2章/TOKYONIGHT』は、中村蒼、青山倫子の主演で、東京で暮らす家族を襲う不可解な出来事をドキュメンタリータッチで描いたホラー映画。出口調査では「ストーリーがリアルで、今まで観たホラー映画の中で一番怖かった!」「ただ怖いだけでなく、弟と姉の関係性もよかった」「ホラーが好きなので観に来たけれど、ドアの開く音などが耳に残ってトラウマになりそう」「もう前作も次回作も絶対に観たくないほど怖い作品だった」など、10代、20代を中心に高い満足度を獲得した。
2位の『レオニー』は、シングルマザーとして激動の時代を生き抜き、彫刻家イサムノグチを育てた実在の女性レオニーギルモアを描いた日米合作の人間ドラマ。観客からは「信念を持って生きる女性の姿をしっかりと捉えていて、登場人物の感情を豊かに表現している」「子に対する想いや歴史を知って、改めて親を大切にしようと思った」など、世代を超えて多くの女性から共感を呼んだ。
(本ランキングは、2010年11月19日(金)、20日(土)に公開された新作映画8本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)
[写真:(C)PresidioCorporationAllRightsReserved.]
(PC)
(PC)
(PC)
(PC)
(PC)
(モバイル)
(モバイル)
(モバイル)
ttp://news.ameba.jp/pia/2010/11/91655.html

「明日の事を言えば鬼が笑う」といいますね。
世の中の事は予見できないものだ。来年の事を言うと鬼が笑う、とか。
本当そうですよ。未来を予知できるだとか、嘘っぱち言ってらろくな
死に方せんぞい。江原さんだっけ?大成功した詐欺師。

PICKUP
ルノーのディーラー

機動戦士ガンダムII

話題の中華料理

サービス残業と未払い賃金請求

電通ヒューマンリソース 派遣 バイト

岡山市のハロワ

シーズー[犬の飼い方]

愛知 借金返済方法

サラ金返済相談「大阪府」

結婚前に作った借金

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。